ヤマメより釣り人のほうが多い隈上川で渓流釣り!(福岡県うきは市)

今回は、福岡の釣れない渓流釣りシリーズの続編でございます。

ほんと、福岡県の川はヤマメが釣れるところが少なくて困ってしまいます(笑)。

ということで今日は、福岡県うきは市の隈上川(くまのうえがわ)に渓流釣りに行ってきました。

この隈上川の上流では、毎年3月あたりにヤマメ釣り大会が行われていて、ヤマメの放流も一緒にされています。

今日は前回この川で渓流釣りをしたときの記録も一緒に書いていくのですが、この川は釣り人と出会う確率がめちゃくちゃ高いですw

福岡県のなかでもヤマメが釣れる数少ない川ですので、釣り人が見事に集中してしまっているというわけです(笑)。

スポンサーリンク
h2手前レクタングル大

田篭ヤマメの里まつりの次の土曜日に釣りに行ってみた

ネットでうきは市あたりでヤマメが釣れる川を調べていると、”田篭ヤマメの里まつり”というのが毎年開催されているという記事を見つけました。

1人1500円払うと10匹まで釣っていいというもので、こどもはヤマメのつかみ取りもできるという催し物です。

この釣り大会はエサ釣り限定なので、ルアーマンは釣り大会が終わったあとに川に押し寄せ残ったヤマメを狙うという文章もブログには書いてありましたw

僕は1500円ほどなら行ってみてもいいなと思ったのですが、丁度仕事が入っていたので残念ながらいけませんでした。

なので、次の休みあたりに釣りに行こうということになり、土曜日に釣りに来てみました!

合所ダムの景色

この隈上川の下の方には合所(ごうしょ)ダムがあります。

釣り人がちらほらいたのでバス釣りができるようです。

隈上川の渓相

隈上川を登っていくと新川という地区があり、とても良い雰囲気の場所でした。

見た感じここら辺でも、普通にヤマメが釣れそうな感じでした!

橋の上から見た隈上川

先ほどの写真は光が反射して見えにくかったので、橋の上から反対側の写真も撮りました(笑)。

とても川の水が綺麗でそこそこ深みもあるので、とてもヤマメが釣れそうな雰囲気があります。

岩がゴロゴロして流れの強い隈上川

先ほどの場所からすこし上の方に移動したところにある橋の上から写真を撮りました。

岩がゴロゴロしていて、かなり深みのあるポイントです。

まだ、ここら辺はヤマメ放流ポイントではありませんがヤマメが釣れそうな雰囲気はありました。

隈上川の源流

上流の方に移動してきましたが、ここに移動するまでに10人ほど釣り人を見かけましたw

これだけ釣り人がいると、ヤマメは釣れないだろうと思いながらも、人がいないところを見つけて入渓してみます。

岩がゴロゴロした隈上川

ところどころに、良いポイントがあるのですが魚の反応は全くありません。

ただ、福岡県にもこんな良い感じの渓流があったのには感動しました!

深みのある隈上川の好ポイント

すごく良いポイントが続いているのですが、全く反応はありません(笑)。

入りやすい場所なので先行者がいたのでしょう。

隈上川の渓相

ヤマメが釣れそうな雰囲気はとてもあります。

雰囲気だけ(笑)。

深みのある隈上川の好ポイント

先ほどの場所は全く反応がなかったため、少し下に降りてきました。

良さそうなポイントが見えたので釣ってみようと川に入って登ってみると、ポイントの真横にレストランみたいな建物があり、お食事中のお客さんたちに見られてました(笑)。

そんなことも知らずに、ルアーを投げてみると今日初めてのヤマメがルアーを追ってきました。

見た感じ20センチほどあったのですが、チェイスは一度切りでした(笑)。

深くて流れの強いポイント

先ほどのポイントから上流に移動しながら釣ってみると、たまにヤマメの姿が見えますがルアーにはかかりません。

やはり、スレている感じがします。

隈上川の一級ポイント

最後のポイントは、とても釣れそうな感じがしたのでエサ釣りに変更です!

石をひっくり返すとクロカワムシがいたのでそれをエサにして釣ってみました。

1投目でさっそく反応があり合わせてみますが、エサだけなくなってました(笑)。

その後は反応がなくなったので、このポイントは諦めました(笑)。

ネットに入った小さなヤマメの稚魚

釣りをしている途中に、足元に小さな魚が数匹いることに気づき様子をみていると、どうもハヤではなかったので、網ですくってみると小さなヤマメでした。

どうやら、放流の時に小さなヤマメも一緒に放流しているようです!

隈上川の渓相

先ほどのポイントから少し下ったところに来てみました。

こちらも良いポイントがところどころにあるのですが、魚がいませんでした(笑)。

隈上川の渓相

さらに下の方に移動してきましたが、魚の姿はなしです(笑)。

渓流らしい隈上川の渓相

雰囲気だけはとてもヤマメが釣れそうな感じがあります(笑)。

隈上川の好ポイント

1匹も釣れないのが信じられませんw

隈上川の好ポイント

最後は、公民館の横にあるポイントにやってきました。

ばりばり釣り人の足跡がついてます(笑)。

案の定釣れませんでしたが、ここのもヤマメの子供の群れが泳いでいました。

この子供のヤマメが成長するのを待ちましょう!

別の日にヤマメリベンジを狙うも…

濁った隈上川

前回は田篭地区で全く釣れなかったので、下の方の新川地区で釣りをしようと試みたものの上流で工事が行われていて、川が見事ににごっていましたw

前回、橋の上から大きな魚が見えたところにも行ってみようと思っていたのですが、新川地区は全部にごっていて釣りになりませんでした(笑)。

なので、前回行った田篭地区に行ってみたのですが、ここには釣り人が集まっていて釣るところがありませんでした。

まじでこの川は、ヤマメの数より釣り人の数のほうが多い説あります(笑)。

巨瀬川に移動して渓流釣り

ということで今日はこの川は諦めて、急遽隣を流れる巨瀬川に移動。

藤波ダムの風景

途中に藤波ダムがあったので写真を撮っておきました。

何の魚かは分かりませんが、デカい魚がたくさん群れてました。

巨瀬川の渓相

上流に移動すると、ところどころに良さそうなポイントがあったので釣ってみましたがヤマメの姿は確認できませんでした。

巨瀬川の好ポイント

やっぱり放流してないとヤマメはいませんね(笑)。

巨瀬川の好ポイント

オイカワが追いかけてきてました(笑)。

巨瀬川の風景

川からの景色はとても綺麗でした。

ただ、ここから先はヤマメが釣れるような感じはしませんでした(笑)。

ということで、ここで渓流釣りのうきは編は終了です。

うきは市での釣りは見事にボウズで終わりました(笑)。

今度、別の日にリベンジに来たいと思います!

まとめ&使用タックル

今回は、福岡県うきは市に渓流釣りに来てみましたが、ここまで釣り人が多いとは思いませんでした(笑)。

これだけの釣り人が数少ないヤマメを狙って釣りをしているとなると、釣れないのも納得です(笑)。

でも、まだ釣ってない区間があるので今度来たときはそこで釣りをしてみたいと思います!

ロッド:鱒レンジャー50sp
リール:サハラc2000s
ルアー:オルルド激安スプーン
ライン:サンライン・クインスター4lb
※リンクをクリックするとレビュー&インプレッション記事に移動します。

渓流ルアー釣りをこれから始めたいという方のなかで、どんなルアーを使えばヤマメ・イワナが釣れるか分からないという方は多いのではないでし...
あまりヤマメが釣れないと言われる福岡で、ヤマメを釣るにはどこに行けばいいか分からない...という方は結構多いはず。 特に初心者...
自然に囲まれた中で魚釣りを楽しめる渓流ルアーフィッシング。 渓流釣りは何となく難しそうなイメージがありますが、やってみると意外...
スポンサーリンク
h2手前レクタングル大
h2手前レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする