アジング用ジグヘッドおすすめ10選!重さの選び方も解説付き

ワームを使って手軽にアジ釣りを楽しめるアジング。

その手軽さが若い人に受け今では人気の釣りの代表格となってしまいました。

人気があるだけに色々なメーカーからアジングの商品が発売され、いい意味で選ぶのが大変な状況になってます。

そこで今回はアジングの中でも必須の道具であるジグヘッドの選び方とおすすめを紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク
h2手前レクタングル大

アジング用ジグヘッドのタイプ

アジング用ジグヘッドのタイプは大きく分けると、丸型・砲弾型・矢じり型に分けることができます。

丸型

アジングのジグヘッドでよく使われる丸型ジグヘッド。

ワームをスイムさせるときやリフトアンドフォールさせるときなど様々な場面で使うことのできる扱いやすいタイプです。

砲弾型

砲弾型はヘッドが細長い形をしていて、水中でのスイム姿勢が非常に安定したタイプのジグヘッドです。

レンジキープ力が優れているのでワームをスイムさせて使うのに向いています。

矢じり型

矢じり型は三角形のような形をしたアジングでもよく使われるタイプのジグヘッドです。

ダートやワインドアクションなどを得意としており、ボトムを攻略するのに向いています。

レンジキープ力も優れているので、扱いやすいジグヘッドです。

アジング用ジグヘッドのフックについて

アジング用ジグヘッドのフックにはストレートゲイブとオープンゲイブの2種類があります。

ストレートゲイブ

ストレートゲイブはアジングのジグヘッドで一般的に使われるタイプで。ワームを普通に泳がせて使うときに向いています。

魚がワームをバイトするときに吸い込みやすく、小さいサイズのアジも釣れやすいです。

砲弾型のジグヘッドはストレートゲイブになっていることが多いです。

オープンゲイブ

オーブンゲイブは、フックが少し開いたタイプのジグヘッドで主にワームをフォールさせてアジを誘うときに使われます。

アジが一度ワームを吸い込むとフックが高確率で口に刺さるので、バラシが少ないという特徴があります。

丸型もしくは矢じり型のようなボトムを攻めるタイプのジグヘッドはこのオープンゲイブになっていることがおおいです。

アジング用ジグヘッドの重さ

アジングで使われるジグヘッドの重さは、0.2~2gと幅があるのが特徴です。

狙うレンジによってジグヘッドを使い分け、表層あたりを探るときは1g以下の軽いジグヘッド、ボトムを探るときは2gほどの重めのジグヘッドを使います。

アジがいるレンジを見つけるまで、ジグヘッドの重さをローテーションさせる必要があるので、重さはだいたい0.2g刻みくらいで幅広くそろえるのがおすすめです。

アジング初心者の方は1g以下は使いずらいと思うので最初は1.5gほどのものを使いましょう。

アジング用ジグヘッドおすすめ

ここからはアジングにおすすめのジグヘッドを紹介していきます。

ティクト・アジスタ

created by Rinker
ティクト(TICT)
¥418 (2020/02/17 15:43:36時点 Amazon調べ-詳細)

ティクトのアジング定番ジグヘッドのアジスタ。

ヘッドの形状が丸型なのでスイム、フォールとどちらでも使いやすいジグヘッドです。

サイズによってフックが異なり、ウェイトの軽いスイムさせて使うSSサイズはストレートゲイブ、SとMサイズはオープンゲイブとなってます。

ジャズ・尺ヘッド

ジャズのアジングおすすめジグヘッドの尺ヘッド。

ヘッド形状、重さなど種類がいくつかあるので自分の欲しいタイプを選んで買うことができます。

漁師パックはコスパも良く初心者の方にもおすすめです。

メジャークラフト・ジグパラヘッド

created by Rinker
Major Craft(メジャークラフト)
¥296 (2020/02/17 15:43:37時点 Amazon調べ-詳細)

メジャークラフトのアジング定番ジグヘッドのジグパラヘッド。

フックにワームキーパーが付いているのでワームが外れにくく使いやすいジグヘッドです。

コスパが良くてタイプも3種類あるので自分の欲しいサイズを選んで買うことができます。

ダイワ・swライトジグヘッド

ダイワの月下美人のジグヘッド・SWライトジグヘッド。

ヘッドに顔が付いたアジングで人気のジグヘッドです。

ダイワのワームを使うときに組み合わせて使いたいジグヘッドとなってます。

オーナー・アジ弾丸

created by Rinker
オーナー(OWNER)
¥385 (2020/02/18 15:04:35時点 Amazon調べ-詳細)

オーナのアジング専用ジグヘッドのアジ弾丸。

フックにワームキーパーが付いているのでワームがずれにくく快適に釣りをすることができます。

フックもしっかりしておりアジングにおすすめのジグヘッドです。

34・ゼログラヘッド

created by Rinker
サーティーフォー34
¥605 (2020/02/17 15:43:37時点 Amazon調べ-詳細)

34のアジング人気ジグヘッドのゼログラヘッド。

ヘッド部分が樹脂でコーティングされているため、サイズに対してウェイトが軽く表層から中層を探るのに向いています。

存在感も感じやすいためアジング初心者の方にもおすすめです。

バークレイ・アジデント

created by Rinker
Berkley(バークレー)
¥389 (2020/02/18 12:30:34時点 Amazon調べ-詳細)

バークレイのアジング専用ジグヘッドのアジデント。

丸型ジグヘッドでオープンゲイブなのでフォールさせて使うのに向いているジグヘッドです。

ワームキーパーもついているのでワームの位置を気にせず釣りをすることができます。

エコギア・アジチョンヘッド

created by Rinker
エコギア(Ecogear)
¥343 (2020/02/17 20:52:27時点 Amazon調べ-詳細)

エコギアのアジング専用ジグヘッドのアジチョンヘッド。

フックにワームをチョン掛けするだけで使えるので、ラクにワームをセットすることができます。

ワームを頻繁に交換するというときに使いたいジグヘッドとなってます。

シマノ・タングステンファインヘッド

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥440 (2020/02/18 12:30:35時点 Amazon調べ-詳細)

シマノのアジング向けジグヘッドのタングステンファインヘッド。

比重の高いタングステンを使っているので、中層からボトムを探るのに向いています。

シマノのワームと組み合わせて使うのがおすすめです。

34・ダイヤモンドヘッド

created by Rinker
34
¥418 (2020/02/18 02:43:36時点 Amazon調べ-詳細)

34のダイヤモンドヘッドは名前の通りヘッドの形状がダイヤモンドのカット面のような形になったジグヘッドです。

アジの光るものに興味を示すという習性を生かして、ジグヘッドの光の反射でアジを誘うというアピール力の強さが特徴です。

フックもしっかりしているのでアジングのジグヘッドを揃えるなら持っておきたいジグヘッドとなってます。

まとめ

今回はアジングで使うジグヘッドの選び方とおすすめを紹介してみましたが、メーカーによって違った良さがあるのでいろいろなものを試してみてください。

ある程度アジングをしているとジグヘッドの違いが分かってくると思うので、その時は自分にあったジグヘッドを探してみましょう。

アジングは手軽で魚も簡単に釣れる釣りですので、道具を揃えてチャレンジしてみてください!

手軽にワームでアジ釣りを楽しむことができるアジング。 アジングは最近かなり人気があり、アジング用のワームも次々に新製品が発売さ...
ワームを使って手軽に釣りを楽しむことができるアジング。 対象となるアジのサイズが小さく釣りの中でも繊細なのが特徴です。 ...
スポンサーリンク
h2手前レクタングル大
h2手前レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする