渓流釣りにおすすめのスピナーとは?構造と使い方も初心者にわかりやすく説明

渓流釣りで使われるルアーには、スプーンやミノーなどいくつか種類がありますが、そのなかでも昔からよく使われてきたものにスピナーがあります。

スピナーは見た目があまり釣れそうには見えず、初めて見る人は”こんなルアーで釣れるのか?”と疑問に思うかもしれませんが、使ってもらえばそのすごさはすぐにわかると思います。

そして、スピナーはミノーと比べると半分くらいの価格で買うことができ、良くヤマメやイワナが釣れるので、知る人ぞ知るコスパの良い優秀ルアーといえます。

そこで今回は、初心者にもおすすめのスピナーの簡単な説明とおすすめのものを紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク
h2手前レクタングル大

渓流釣りのスピナーとは

スピナー

スピナーとは、昔から渓流釣りで使われているルアーのひとつです。

スピナーの先端あたりにつている、ブレードと呼ばれる丸い金属が水圧によってクルクルと回転することによって、魚へアピールします。

魚は、スピナーの光の反射と振動に反応して食いついてきます。

パッと見て、こんなルアーで釣れるのかと疑問に思えますが、魚の習性を考えて作られているので良く釣れます。

スピナーの構造の説明


次はスピナーの中で重要な部品を簡単に説明していきます。

スピナーのブレード

スピナーの先端部分についている丸っこい金属の板をブレードといいます。

このブレードが水流を受けるとクルクルと回転し振動を生み出します。

このスピナーのブレードが回る姿は、孵化した水生昆虫に似せて作られたと言われています。

スピナーのウェイト

スピナーに重さを加えるためのおもりのことをウェイトといいます。

シンカーやガン玉、ビーズなどがスピナーのウェイトとして使われます。

基本的には1.5グラムがよく使われているようです。

渓流釣りで使うスピナーの重さ

パンサーマーチン

渓流釣りで使われるスピナーの重さは、3g程度のものがよく使われます。

ただ、浅い場所では1.5gを使ったり、深場では5g程度のものを使ったりとポイントの特徴に合わせて重さを変えることもあります。

はじめて渓流釣りをするという方は、3gのスピナーを買っておくと使いやすくておすすめです。

渓流釣りでのスピナーの使い方

スピナー

スピナーは、飛距離が出にくいため川幅の狭い源流などで釣るときに使われます。

また、川があまり浅いとブレードが石などにあたって回転しにくいのである程度の深さも必要です。

着水とほぼ同時にブレードが回り始めるため、魚にアピールしやすいです。

ロッドにアクションを加える必要もなく、リールを普通に巻くだけで魚が釣れます。

初めての方にも使いやすいのがスピナーの良いところです。

 渓流釣り(ヤマメ釣り)におすすめのスピナー

渓流釣りのスピナー

ここでは渓流釣り(ヤマメ釣り)におすすめのスピナーを紹介していきます。

渓流釣りに必須のARスピナー

渓流釣りに必須のスピナー、スミスのARスピナーです。

このスピナーは、他のルアーとは比べ物にならないくらい釣れます!

ARスピナーとヤマメ

僕はこのスピナーを知ってからというもの、このスピナーなしではヤマメ釣りには行けなくなってしまいました(笑)。

渓流釣り初心者に限らず、すべての方におすすめできるのがこのARスピナーです!

これまで渓流ルアー釣り初心者だった僕が、渓流釣りに行くときに肌身離さず持っていたルアーがあります。 それは、SMITH(スミス...

ヤマメ釣りにおすすめのスピナー

ニアキスもARスピナー同様、スミス社が作ったスピナーです。

ウェイトの部分が魚の形をしているのが特徴です。

ニアキスで釣れたヤマメ

インラインタイプのARスピナーとは違い、ニアキスはクレビスタイプですのでレンジキープ力に優れていて、飛距離も出やすいです。

ムシパターンの時は、ARスピナーと一緒にニアキスも持っておくと釣果がアップするかもしれません。

渓流釣りでとにかく釣果を求めたいときに使うルアーのスピナー。 スピナーと言えば渓流最強ルアーとの呼び声も高いARスピナーが有名...

ダイワのシルバークリークスピナー


ダイワの比較的新しいスピナーのシルバークリークスピナーです。

カラーの名前がミカン、テントウムシ、コーヒーと可愛いのが特徴です。

スイベル一体型シャフトとボディが回転するのでスピナーの欠点の糸ヨレを軽減することができます。

ダイワの釣り具が好きな方は購入してみることをおすすめします!

渓流釣り定番のスピナーのブレットン

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥948 (2020/10/25 15:44:10時点 Amazon調べ-詳細)

昔から渓流釣りのスピナーで人気があるのがダイワのブレットンです。

これは海外で人気のあったスピナーを日本の魚に合うようにダイワがリメイクしたものです。

2個セットで800円ほどと非常にコスパの良いスピナーになっています。

ブレットンで釣れたヤマメ

ただ、お店で買うのは至難の業なのでネットで買うしかないのが残念なところです。

昔からあるオールドルアーも試してみたいというかたにおすすめです。

最近は外が暖かくなってきて、渓流釣りの気持ちがいい季節になってきましたね♪ 気温が上がると同時に、魚の活性も少しづつ上がってき...

オールドスピナーのパンサーマーチン

created by Rinker
コーモラン(CORMORAN)
¥977 (2020/10/25 15:44:11時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもブレットン同様に古くから使われるスピナーのパンサーマーチンです。

糸ヨレには少々注意が必要ですが、立ち上がりが早く良く釣れるのがこのスピナーです。

値段もスプーンとほとんど変わらない安さで試しに使ってみたいという方にも買いやすくなっています。

オールドスピナーに興味がある方はひとつ持っておくと良さそうです!

オールドスピナーのルブレックスセルタ

created by Rinker
Rublex(ルブレックス)
¥484 (2020/10/25 17:46:21時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもオールドスピナーのルブレックスセルタです。

ダイワのブレットンやパンサーマーチンと同様に古くから使われてきたスピナーの1つです。

スピナーの歴史を感じてみたい方が使うのにおすすめのスピナーになっています。

古くから定番のメップスのアグリア


こちらも古くから定番のスピナーのメップスアグリアです。

オールドスピナー好きな人には上記3つ同様に外せないスピナーとなっています。

オールドスピナーの良さを知りたい方はひとつ買っておくことをおすすめします。

渓流釣り初心者におすすめの安いスピナー

渓流釣りでスピナーを初めて使うという方におすすめなのがこのスピナーセットです。

慣れないうちはキャストがうまくいかずに引っ掛けたりしてなくしてしまうことが多いので、スピナーの使い方に慣れるまでこのスピナーで練習しましょう。

スピナーの糸ヨレ防止にスイベル付きスナップ

created by Rinker
ヨーヅリ(YO-ZURI)
¥991 (2020/10/25 22:15:38時点 Amazon調べ-詳細)

スピナーはブレードが回転することにより強力なアピール力を誇っているのですが、その回転の影響で糸がクルクルにヨレてしまうという欠点ももっています。

新しいタイプのスピナーであればローリングスイベルが初めからついているものが多いですが、古いスピナーとなるとついていません。

ですので、そういうときはスイベル付きのスナップを使うと糸ヨレを大幅に軽減することができます。

これがあるのと無いのとでは釣りのしやすさがぜんぜん違うのでぜひ持っておきましょう!

まとめ

スピナーとヤマメ
今回は渓流釣りで使えるおすすめのスピナーを紹介しましたが、スピナーはミノーより値段が安く、数釣りも期待できるのでとても良いルアーだなとおもいました。

操作も簡単なので渓流ルアー初心者の方でも使いやすく、渓流ルアー入門にピッタリだと感じました。

これからルアーを使って渓流釣りを始めようという方は、スピナーをひとつ忍ばせておくといい思いをできるかもしれませんね(^^♪

では今回はこれにて!!

渓流ルアー釣りをこれから始めたいという方のなかで、どんなルアーを使えばヤマメ・イワナが釣れるか分からないという方は多いのではないでし...
渓流ルアーフィッシングをするうえで欠かすことのできないルアーロッド。 渓流はターゲットとなる魚のサイズが小さいので、ロッドの選...
渓流ルアーフィッシングをする上で必ず必要になるリール。 リールはそれぞれ大きさが違ったり、特徴が違ったりするので初心者の方が選...
自然に囲まれた中で魚釣りを楽しめる渓流ルアーフィッシング。 渓流釣りは何となく難しそうなイメージがありますが、やってみると意外...

スポンサーリンク
h2手前レクタングル大
h2手前レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする