渓流ミノーイングでおすすめの道具(タックル)と釣り方を初心者にも分かりやすいように解説!

渓流釣りをこれから始めてみようと考えている方の中には、ミノーを使った渓流ミノーイングに興味があるという方も少なくはないのではないでしょうか。

スプーンやスピナーも良いですが、やはりミノーを上手に操ってヤマメやイワナが釣れると何かすごい達成感がありますよね。

ミノーはキレイなものが多いので、眺めているだけでも気分が良くなるという良さもあります。

そこで今回は、渓流ミノーイングをするときの道具やタックルの選び方、おすすめ道具と釣り方を説明していきたいと思います。

スポンサーリンク
h2手前レクタングル大

渓流ミノーイングとは

Dコンパクトで釣れたヤマメ

渓流ミノーイングとは、小魚の形をしたルアーであるミノーを使って渓流釣りをすることを言います。

渓流釣りで使われるルアーは昔はスプーンやスピナーが主流でしたが、ミノーを作る技術が発達しておかげで、渓流でもミノーを使った釣りが人気になりました。

スプーンやスピナーよりもアクションが加えやすく、フローティングミノーやシンキングミノーなど種類も多いため、非常にゲーム性の高い釣りになっています。

渓流ミノーイングのアクション

ここでは渓流ミノーイングのアクションについて解説していきます。

渓流ミノーイングのアクションはトゥイッチが基本

渓流ミノーイングでは水中でミノーを本物の魚のように見せるために、ロッドの先っぽをチョンチョンと動かすトゥイッチを多用します。

タダ巻きでも釣れないことはないですが、やはりトゥイッチをした時の方が魚の反応が断然良いです。

トゥイッチは一定の間隔でするのが効果的で、追ってくる魚の活性の高さを見ながらミノーを動かすスピードを調整していきます。

渓流でのミノーのタダ巻き

渓流釣りで使うミノーのアクションに、タダ巻きがあります。

ミノーを投げて一定の速さでリールを巻いていくだけです。

普段このタダ巻きを使うことはほとんどありませんが、ジョイントミノーなどを使うときはただ巻きでも釣れるのでそういうときだけ使います。

渓流釣りでのミノーのストップアンドゴー

渓流釣りでのミノーのアクションのなかにストップアンドゴーがあります。

ミノーを動かしているときに少しの間だけ動きを止めて、魚の食わせる時間を作ってあげます。

あんまり長時間動きを止めると見切られることがあるので注意が必要ですが、解禁直後や夏などの活性が低いヤマメ・イワナを狙うときは有効なので使ってみましょう。

渓流ミノーイングのキャスト

次は渓流ミノーイングのキャストについて説明していきます。

アップストリームキャスト

アップストリームキャストは流れの下流側から上流に向かってルアーをキャストすることです。

渓流釣りでは下流の方から登っていくため、基本的にこのキャストを使うことになります。

下流からキャストするので魚に気づかれにくく、一番魚を釣りやすいです。

ひとつ注意点があるとすれば、流れの速いところではミノーが流れに負けて流されてしまうことがあるので、そういうところではリールをいつもより早めに回しましょう。

クロスストリームキャスト

クロスストリームキャストは流れに対して直角にルアーをキャストすることです。

このキャストだと広範囲にアピールできるので広いポイントなどで釣るときに使うのがおすすめです。

流れに流されながらルアーを泳がせることになるので、狙っているポイントより少し上流側にルアーをキャストすることをおすすめします。

活性が低い時のダウンストリームキャスト

ダウンストリームキャストで狙うポイント

渓流ミノーイングでは、スプーンやスピナーではあまり使わないダウンストリームを使うことがあります。

スプーンやスピナーではダウンストリームをすると、すぐに浮き上がってきてしまって釣りにくいのですが、ミノーはリップが付いているため水流をしっかりかんで泳がせることができます。

アップストリームではミノーの動きが速すぎて追いつけなかった魚でも、ダウンストリームで動きの遅くなったミノーにはかかることがあるので、活性の低い時はダウンストリームキャストを中心に使うことをおすすめします。

渓流釣りでのポイント別のミノーの選び方

次は、渓流ミノーの使い方をポイント別に説明していきます。

基本的にはヘビーシンキングミノーを使う

渓流釣りのミノー

渓流釣りでは、同じ川でも小さなポイントや深みのあるポイントなど様々なポイントがありますが、基本的にはヘビーシンキングミノーがあれば攻略できます。

もちろん、フローティングミノーやシンキングミノーがあればポイントごとに対応できて良いのですが、レンジをコントロールするにはヘビーシンキングミノーが一番簡単なのでおススメです。

水深の浅い広めのポイントでのミノーの使い方

水深が浅くて広いポイント

水深が浅く広めのポイントでは、シンキングミノーやフローティングミノーが使いやすいです。

水中にごつごつした石や木の枝など障害物がおおいときは沈みにくいタイプのミノーを使えば根掛かりを避けることができるのでおすすめです。

ヤマメやイワナの活性が高くなる5月頃あたりから、浅いポイントにも魚が付き始めるのでそういう時にシンキング・フローティングミノーは威力を発揮します。

夏のムシが飛ぶような時期になると、水面に落ちてきたムシなどを狙ったヤマメやイワナが水面付近を意識しているので、そういう時には水深のあるポイントでもフローティングミノーの食いつきが良いです。

水深の深いポイントでのミノーの使い方

深いポイント

水深の深いポイントでは、ヘビーシンキングミノーを使います。

基本的に水深が深いポイントではヤマメやイワナは底の方にいるので、ヘビーシンキングミノーをしっかり沈めて底の方を攻めましょう。

特に、解禁直後の活性の低い時期は、しっかり底のほうまでミノーを泳がせないとなかなか釣れません。

流れの速いポイントで使うミノー

渓流

流れの速いポイントでは、フローティングミノーではすぐ流されてしまうので、ヘビーシンキングミノーを使います。

流れの速さに負けてミノーが流されると、ヤマメやイワナは見切ってしまうので着水したらすぐリールを回し始めて流れより速くミノーを動かしましょう。

それか、流れの速いポイントでもどこかに流れの緩くなっているところがあることがおおいので、そこにミノーを投げていったん沈めてから流れの中を通してみましょう。

渓流ミノーイングでおすすめの季節

渓流ミノーイングをするうえで、ヤマメの活性が低い時期と高い時期を知っておくことが重要です。

基本的にミノーイングでは流れに負けないように素早くミノーを動かす必要があり、ヤマメやイワナがミノーに追いつくためには、それなりに活性の高い時期でなければいけません。

ですので、時期としては水温が上がってくる春や、禁漁直前あたりのヤマメ・イワナの活性の高い時期がベストになります。

反対に解禁直後の3月や梅雨明けして水温が上がってくる7月~8月あたりは、ヤマメ・イワナの活性が下がってしまっていて、とてもミノーには追いつけません。

こういう活性の低い時期は、ミノーイングは諦めてスプーンやスピナーに切り替えるのがおススメです。

渓流釣りでヤマメが釣れやすい季節の説明はこちらから
【渓流釣りの季節はいつがおすすめ?ヤマメが釣れやすい時期を初心者にも分かりやすく解説!】

渓流ミノーイングにおすすめのロッド

渓流ミノーイングをするときにおススメなのは、ルアーに力を伝えやすいL(ライト)などの硬めのロッドです。

渓流釣りではUL(ウルトラライト)などの柔らかめのロッドが主流ですが、柔らかいロッドでルアーにアクションを付けようとしても、ロッドが力を吸収してしまうのでアクションがつけにくいです。

ですので、ミノーイングをするときに限ってはL(ライト)などの硬めのロッドが好まれます。

Lなどの硬めのロッドでもスプーンやスピナーは十分扱うことができるので、初心者の方にも硬めのロッドがおすすめです。

渓流ルアーフィッシングをするうえで欠かすことのできないルアーロッド。 渓流はターゲットとなる魚のサイズが小さいので、ロッドの選...

渓流ミノーイングにおすすめのリール

渓流ミノーイングをするときにおすすめのリールはハイギアのリールです。

ミノーは流れの強いポイントでもしっかりと泳がせないといけないので、ラインの巻き取り量の多いハイギアリールが向いています。

もしノーマルギアなどのリールを使った場合、ラインの巻き取り量が少ないためにミノーが流れに負けて流されてしまったり、ハンドルをかなり早く巻いたりしないといけないので疲れやすいです。

ですので、渓流ミノーイングをする場合はハイギアのリールを選ぶようにしましょう。

慣れないうちはハンドルを回すのに少し力がいるので違和感を感じるかもしれませんが、使っているうちに慣れると思うので大丈夫です。

渓流ルアーフィッシングをする上で必ず必要になるリール。 リールはそれぞれ大きさが違ったり、特徴が違ったりするので初心者の方が選...

渓流ミノーイングにおすすめのライン

渓流ミノーイングでは、ルアーにアクションを伝えやすくするためにPEラインを使います。

PEラインはナイロンラインとは違ってラインが伸びることがないため、ミノーにアクションを伝えるのに適しています。

しかし、PEラインはスレに弱く渓流などの障害物の多いところでは切れやすいので、それを防止するためにもリーダーにフロロカーボンを使うことをおすすめします。

ナイロンラインと比べると引っ張る力に強いので、ルアーが根掛かりしても回収しやすいというのもPEラインを使うメリットです。

これから渓流釣りを始める方の中にはラインの選び方が分からないという方は多いのではないでしょうか。 僕も渓流ルアーを始めたことは...

渓流ミノーイングにおすすめのミノー

トラウトミノーで一番おすすめできるのはスミスのDコンタクトです。

ある程度の重さがあるので、流れの強いポイントでも泳がせることができ、沈むのも速いので深いレンジを探ることができます。

ダウンストリームで攻めるときもヘビーシンキングミノーであれば流れに負けずに泳がせることができるので、ポイントの攻め方にも幅を持たせることができます。

どのミノーがいいか分からない方はこのミノーだけ買っておけば間違いありません。

近年の渓流釣りで人気の高いミノーイング。 ミノーは渓流ルアーのなかでもゲーム性が高く、使う人の腕によって釣果に差の出るおもしろ...

その他の渓流ミノーイングにあると便利な道具

次は渓流ミノーイングをするときにあると便利な道具を紹介していきたいと思います。

渓流ミノーイングにウェーダーは必須

渓流ミノーイングをするときは、滑るのを防止するためのウェーダーはほぼ必須です。

靴底がフェルト底になっているものを使うと、移動の時にほとんどすべらないので快適に釣りをすることができます。

ウェーダーの長さは、お腹あたりまでのものか胸元あたりまであるものを選ぶと、水が入ってきにくいのでおすすめです。

渓流釣りにおすすめのウェーダーはこちらから
【渓流釣りに使うウェーダーはどこの商品がおすすめ?初心者向けに分かりやすく説明】

渓流ミノーイングにはフィッシングベストがあると便利

渓流ミノーイングをするときに、フィッシングベストがあると快適に釣りをすることができます。

フィッシングベストにはいくつかのポケットが付いているので、ルアーボックスが入る大きさかどうかを確認して買いましょう。

フィッシングベストの中でもフローティングタイプのものが、水中で浮くようになっているので川に落ちたときでも最悪の事態は避けることができます。

渓流釣りでおすすめのフィッシングベストはこちらから
【渓流釣りにおすすめのフィッシングベストをまとめてみた!】

渓流ミノーイングではランディングネットも必要

ミノーで魚が釣れたときに、ランディングネットがあると確実に取り込めるのでおススメです。

ランディングネットがないと、せっかく目の前まで魚を寄せてきたのにバラしてしまうということが頻発します。

写真を撮るときにもランディングネットがあると良い感じに撮れるので、ひとつは持っておきましょう。

ラバーコーティングされたものだとフックが絡まりにくいのでおすすめです。

ランディングネットのおすすめはこちらから
【渓流釣りのランディングネットでおすすめのものをまとめて紹介!】

渓流ミノーイングに偏光サングラス

渓流ミノーイングをするときに魚がミノーを追いかけてきているかを見る必要があり、偏光サングラスがあると便利です。

ミノーを追ってくる魚の動きによって、その日の活性の高さやミノーを動かすスピードを調整するので、偏光サングラスは渓流釣りにおいてかなり重要なポジションにあります。

晴れている日は水面がギラついて、偏光なしではとても釣りができないようなときもありますので、持ってない方はひとつ持っておくことをおすすめします。

渓流ミノーイングにあると便利なケース

渓流用のミノーを仕舞うことができる便利なケースです。

ミノーをケースにまとめて入れておくと取り出すときにフックが絡まりあってなかなか取れないことがありますが、これは一個一個仕切りが付いているので取り出すのが簡単です。

渓流ミノーイングをする方には是非使ってもらいたいケースになってます。

まとめ

今回は渓流ミノーイングに必要な道具と選び方、釣り方などを説明しましたが、ミノーイングは釣りのテクニックが必要なので、上手く釣れるようになるまで練習しましょう。

もしミノーイングでヤマメやイワナを簡単に釣れるようになったら、ほかのルアーでも簡単に釣れるくらい渓流釣りのレベルが上がっていると思います。

ミノーイングは他のルアーと比べてもゲーム性の高い釣りですので、ドンドンレベルを上げていって渓流釣りを極めましょう!

渓流釣りにおすすめのルアーはこちらから
【渓流ルアーおすすめ10選!これさえあれば初心者でもヤマメ・イワナが簡単に釣れる!】

渓流ルアー釣りのやり方と必要な道具はこちらから
【渓流釣り入門】ルアーでヤマメを釣るときの仕掛けや道具・釣り方を初心者向けに解説! 

渓流釣りのおススメ記事をまとめていますので初心者の方は必見です
【渓流釣り入門】ヤマメ・イワナ釣り初心者におすすめの記事をまとめてみた!

スポンサーリンク
h2手前レクタングル大
h2手前レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする