渓流ルアー釣りでヤマメを釣るときの仕掛けや道具・釣り方を初心者向けに解説! 

これまで餌で渓流釣りをしてきたけど、ルアーでも釣ってみたい…と思う方は少なくないはず。

僕も昔はエサ釣りをしていましたが、途中からルアー釣りにスイッチした釣り人の一人です。

ルアー釣りを始める前までは、こんな金属の板でヤマメやアマゴが釣れるのかと半信半疑でしたが、使ってみると簡単にヤマメが釣れてハマってしまいましたw

餌釣りみたいにミミズやムシを触らずに釣りができるというのも、ムシが若干苦手な僕からすると魅力的でした。

ということで今回は、渓流ルアー釣りで使う道具や仕掛け、釣り方を初心者にも分かりやすいように説明していきたいと思います。

スポンサーリンク
h2手前レクタングル大

もくじ

渓流ルアー釣りの仕掛け

渓流ルアー釣りのタックル

まずは渓流ルアー釣りの仕掛け(タックル)をまとめてみます。

  • トラウトロッド
  • リール
  • ライン
  • ルアー

以上、この4つがあれば渓流ルアー釣りをすることは可能です。

道具とかにこだわりがなければ1万円もかからずに揃えることができます。

では、次にそれぞれの道具の選び方について説明していきたいと思います。

渓流ルアー釣りのロッド

トラウトロッド

まずは、渓流ルアー釣りに必要なロッドの長さや硬さについて説明します。

渓流ルアーロッドの長さ

渓流ルアー釣りで使うロッドの長さは、基本的に6ft(フィート)です。

1ftの長さが約30センチですので、2メートルより短いくらいの長さです。

このくらいの長さがあれば、一般的な渓流でポイントにルアーが届かないということはありません。

渓流より川幅が広い本流などで釣る場合は、遠くまでルアーを投げなければいけないので7ftから8ftほどのロッドが必要になります。

逆に源流などの川幅が狭いところでは、4ftや5ftほどの長さのルアーを使います。

渓流ルアーロッドの硬さ

渓流釣りで一般的に使われるロッドの硬さはUL(ウルトラライト)~L(ライト)です。

遠投の必要のない渓流釣りでは、魚が針にかかりやすくするために柔らかめのロッドが使われることが多いです。

慣れないうちは柔らかいロッドでルアーを投げるのが難しいかもしれませんが、慣れるとなんてことありません。

また、柔らかいロッドを使えば釣れる魚の小さい渓流釣りでも引きを楽しむことができるというメリットがあります。

本流などの広いポイントでは、遠投が必要になるためロッドの硬さもM(ミディアム)ほどのものを使うことになります。

渓流ルアー釣りのリール

リール

次に渓流ルアー釣りに必要なリールについて説明していきます。

渓流ルアー釣りに必要なリールの大きさ

渓流ルアー釣りで使うラインは細くて長さもそこまで必要ないので、リールは1000番から2000番のものがよく使われます。

2000番より1000番リールの方がサイズが小さいので軽くて使いやすいのですが、その差はわずかですので、どちらでもいいと思います。

他の釣りでもリールを使いまわしたいという方は2000番リールが良いかもしれません。

本流や湖などの広い場所で釣りをする場合は、遠投がしやすい2500番から3000番ほどのリールが必要になります。

渓流ルアー釣りで使うリールのギア比

渓流ルアー釣りで使うリールのギア比は、初心者の方にはノーマルギアがおススメです。

ノーマルギアは、ギアが軽いのでリールの巻き心地が良く、扱えるルアーも多いです。

一方のハイギアは、リール一回転で巻き取るラインの量は多いですがその分リールを回すときに重みがあり、慣れるまでは結構疲れます。

流れが強いポイントが多い渓流で釣るときや、ミノーなどの素早く動かす必要のあるルアーを使うときにはハイギアのリールを使いましょう。

渓流ルアー釣りのライン

渓流釣りのライン

次は渓流ルアー釣りで使うラインの説明をしていきます。

渓流ルアー釣りではナイロンラインが基本

渓流ルアー釣りでは、PEラインとナイロンラインがありますが、初心者の方はナイロンラインを使うのがおススメです。

ルアーに慣れないうちは、ルアーが変なところに飛んで行って木とかに引っ掛かってラインを切らないといけないことが多いのですが、ナイロンラインは値段が安いのでダメージが少なくすみます。

また、ナイロンラインは柔軟性があるのでルアーのフックが魚の口にかかりやすいというメリットもあります。

ナイロンラインの太さ

渓流ルアー釣りで使うナイロンラインの太さは、4lb(1号)が基本です。

ヤマメやイワナなどの渓流釣りで釣れる魚は、大きくても30センチほどなので4lbの太さがあれば切られることはありません。

ラインが太いと魚に気づかれることがあるので、できればこのくらいの太さのものを使いましょう。

渓流ルアー釣りで使われるPEラインとフロロカーボン

渓流ルアー釣りでは、ナイロンラインを使わずにPEラインとリーダーにフロロカーボンを組み合わせて使う人もいます。

ミノーなどのちょっとした動きを加える必要のあるルアーを使う場合には、PEラインを使うと感度が良いので動きを伝えやすくなります。

また魚のちょっとしたバイトも感じることができるメリットもあります。

しかし、PEラインは値段が高くスレに弱いので渓流釣りで使うメリットはあまりありません。

本流などでルアーを遠投する場合にはPEラインとフロロカーボンの組み合わせがおすすめです。

渓流釣りで使うルアー

次は渓流ルアー釣りで使うルアーについて説明していきたいと思います。

渓流ルアーの基本であるスプーン

渓流釣りのスプーン

渓流ルアーの基本は、スプーンを使った釣りです。

スプーンは、それ一枚で表層・中層・底(ボトム)を探れるので非常に便利です。

重さは3g~5gほどの物が良く使われます。

スプーンは値段が安いものが多く、ルアーの扱いに慣れてない初心者でも安心して使うことができます。

スプーンがうまく使えるようになると、他のルアーも扱えるようになるので練習するのにピッタリです。

本流などで釣りをする場合は、スプーンが飛距離が出やすいので10g~20gほどのものを持っておきましょう。

渓流ルアー釣りで強力なスピナー

渓流釣りのスピナー

渓流ルアーのなかで一番ヤマメへのアピール力が強いのがスピナーです。

スピナーは、ブレードと呼ばれる金属の板が回転することで振動し、魚にアピールします。

着水と同時にブレードが動き始めるので、魚に見切られることも少ないです。

とりあえず渓流で魚を釣ってみたいという方は、スピナーを使うことをおすすめします。

飛距離が出にくいので、遠投する必要がある本流や湖では使いにくいです。

渓流ルアーで人気のミノー

渓流釣りのルアー

渓流釣りでよく使われるのが、小魚の形をしたミノーです。

見た目が本物の魚そっくりなので、ヤマメも思わず攻撃してしまいます。

浮くタイプや沈むタイプなど種類も豊富で、いろいろなフィールドで活躍します。

値段が高めなので、ルアーの扱いに慣れてから使うようにしましょう。

渓流ルアー釣りに必要な道具とサイズまとめ

渓流ルアー釣りに必要な道具とサイズをまとめてみます。

渓流釣りでルアーを使う場合の道具とサイズ

トラウトロッド 6ft(約180cm)、UL(ウルトラライト)
リール 1000番か2000番、ノーマルギア
ライン ナイロンライン、4lb(1号)
ルアー スプーン、スピナー、ミノー(3~5gほど)

最初はこれを基準に道具を選ぶとどんなところでも問題なく釣れそうです。

本流でルアーを使う場合の道具とサイズ

トラウトロッド 7ft~8ft、M(ミディアム)
リール 2500番~3000番、ハイギア
ライン PEライン(0.8号)、リーダーにフロロカーボン(5lb~6lb)
ルアー スプーン(10g~20g)、ミノー(7cm~15cmほど)

こっちは北海道とか川の広いところで釣りをするかた向けになります。

渓流ルアー釣り初心者におすすめのタックル

次は渓流ルアー釣り初心者の方におすすめのタックルを紹介していきます。

渓流ルアー釣り初心者向けの入門ロッド

渓流ルアー釣り初心者におススメなのが、グレート鱒レンジャーのグラスロッドです。

グラスロッドなのでとても柔らかく、ルアーのフックが魚にかかりやすいです。

20センチほどのヤマメがかかると、ロッドが大きくしなってブルブル震えるのでファイトがとてもおもしろいです。

グラスロッドはどんなに曲げても折れることはほぼないので、初心者にも安心して扱うことができます。

僕も初めて渓流ルアーを始めたときはこのロッドを使っていましたが、とても使いやすかったです。

渓流ルアー釣りにおすすめのロッドはこちら☆
【渓流釣り用のルアーロッドの選び方とおすすめを紹介!】

渓流ルアー釣り初心者におススメのリール

ダイワのコスパが高い2000番リールのレブロスです。

僕もこのリールを使っていますが、使っていて不具合はほとんどないので満足しています。

渓流ルアー初心者の方にはおススメできるリールです。

渓流ルアー釣りにおすすめのリールはこちら☆
【渓流ルアー釣り用のリールの大きさやギア比の違いとおすすめのリールをまとめてみた!】

渓流ルアー釣り初心者におすすめのライン

渓流ルアー釣りで使われるナイロンラインです。

透明のナイロンラインでも良いですが見えないときがあるので、色付きのラインを使うことをおすすめします。

渓流ルアー釣りにおすすめのラインはこちらから♪
【渓流ルアー釣りのラインの選び方とおすすめを紹介してみた!】

渓流ルアー釣りにおすすめのルアー

まずは渓流ルアー用のコスパの良いスプーンセットです。

スプーン一枚当たりの値段が安いので、ルアーに慣れていない初心者にも安心です。

僕もこのスプーンで練習しながら、ルアーで初めてのヤマメを釣りました。

値段が安いのに普通に釣れるのに驚きましたw

渓流釣りにおすすめのスプーンはこちら☆
【渓流釣りにおすすめのスプーンと使い方を分かりやすく説明してみた!】

渓流釣りで一番釣れるであろうルアーのARスピナーです。

これまでいろいろなスプーンやスピナー、ミノーを使ってきましたが、一番釣れるのはこのスピナーでした。

今では、このスピナーなしでは渓流釣りには行けなくなってしまいましたw

渓流釣りにおすすめのスピナーはこちら☆
【渓流釣りにおすすめのスピナーとは?構造と使い方も初心者にわかりやすく説明】

渓流釣りの定番ルアーのDコンタクトです。

このミノーは、見た目が本物の魚そっくりに作られているので、魚も思わず敵と勘違いしてアタックしてきます。

値段は高めですが、ひとつ持っておくと良いかもしれません。

渓流ルアー釣りにおすすめのミノーはこちら☆
【渓流釣りのミノーのおすすめと使い方を初心者にもわかりやすく解説してみた!】

その他の渓流ルアー釣りに必要な道具

次に渓流ルアー釣りで持っておいたほうが良い道具を紹介していきたいと思います。

渓流ルアー釣りにはウェーダーは必須

渓流釣りは、川の中や石の上を歩いて移動するのでウェーダーは必須です。

靴底は滑りにくいフェルトで、長さはウェストハイやチェストハイのものがおすすめです。

渓流釣りにおススメのウェーダーはこちら☆
【渓流釣りに使うウェーダーはどこの商品がおすすめ?初心者向けに分かりやすく説明】

つけていると安心で便利なフローティングベスト

万が一、足を滑らせて川に落ちたときフローティングベストがあれば溺れずに済むので安心です。

ベストにはルアーを収納するポケットも付いているので、道具の持ち運びもラクになります。

持ってない方は、ひとつ持っておくと便利かもしれません。

渓流釣りで使うフィッシングベストのおすすめはこちらから☆
【渓流釣りにおすすめのフィッシングベストをまとめてみた!】

ルアーで釣れたヤマメを入れるランディングネット

ルアーで釣れた魚が逃げないように、ランディングネットを使いましょう。

ヤマメやアマゴ、イワナなどの渓流魚はサイズはそこまで大きくないので、小さめのネットがおススメです。

写真を撮るときにもネットがあると写真映えします。

渓流釣りにおすすめのランディングネットはこちらから♪
【渓流釣りのランディングネットでおすすめのものをまとめて紹介!】

渓流ルアー釣りに必須の偏光サングラス

水中のルアーを目で追うときに偏光サングラスがあると見えやすいです。

特に晴れの日の昼間なんかは水面がギラギラ光ってとても眩しいです。

ですので偏光サングラスは、釣りの時は必ず持っていくようにしましょう。

ルアーから目を守るのにも役立ちます。

釣れたヤマメを入れておくビク

もし、釣れたヤマメを持って帰る場合はビクがあると便利です。

腰あたりにつけておくことができるので、手がふさがらずに移動がしやすいです。

リリース前提ならバーブレスフック

もしルアーで釣れたヤマメをリリースするつもりであれば、返しのないバーブレスフックを使うのがおススメです。

バーブレスフックは返しがない分、かんたんにフックを外すことができ渓流魚のダメージを少なくすることができます。

誤って、自分の服や手に刺さった場合でもかんたんに外すことができるので安全に釣りができます。

その他の渓流釣りにあると便利な小道具はこちらから♪
【渓流釣り入門】ヤマメ釣りに持っていくと便利な小道具をまとめて紹介してみた!

渓流ルアーでのヤマメ・イワナの釣り方

次はルアーでヤマメ・イワナを釣るときの釣り方を紹介していきたいと思います。

ヤマメ・イワナがついているポイント

次にヤマメ・イワナがついている場所ですが、基本的に白泡よりすこし後ろの流れが少し緩くなっているところについています。

また、流れがあたっている大きな岩に隠れてエサを待っていることもあります。

上の写真のポイントを例にするなら、赤丸がついているところにヤマメやイワナがいる可能性が高いです。

ですので、そのポイントにルアーをしっかりと通せる角度からキャストしましょう。

平坦な流れのところでも大きな岩があったりすると、そこにヤマメやイワナが隠れていたりします。

なのでその岩の少し上流あたりにルアーを投げて引いてみると、隠れているヤマメやイワナが飛び出てくるかもしれません。

渓流ルアーの基本はアップストリームキャスト

白泡の終わりあたりにルアーをキャスト

渓流ルアー釣りでの基本のキャストは、上流側に向かって投げるアップストリームキャストです。

下流側からルアーを投げることで魚に自分の姿を見られることなく、ルアーを投げることができます。

ヤマメやイワナは白泡より少し後ろのほうについていることが多いので、写真の赤丸のような白泡の消えかかっているところにルアーを投げて引いてみましょう。

深みのあるポイントでは白泡の中にキャスト

深みのあるポイントでは白泡の下にヤマメやイワナがついていることがあるので、白泡の真ん中あたりにルアーを投げて少しルアーを沈めてから引いてみましょう。

白泡の下についていない場合は、白泡が消えるあたりにいるかもしれないのでしっかり最後までルアーを引きましょう。

ポイントが広い時はクロスストリームキャスト

広いポイントでクロスストリームキャスト

もし、下流側からルアーを投げれないときや、ポイントが広くて分かりずらいときは流れの横からルアーを投げて引いてみましょう。

広範囲に一気にアピールできるので、遠くにいる魚にもルアーを喰わせることができます。

遠くからルアーを追ってくる魚は足元ギリギリで食いついてくることもありますので、最後までしっかりルアーを引きましょう。

ダウンストリームキャスト

ダウンストリームキャストで狙うポイント

もし、上流側からしか入れないポイントや下流側まで移動するのが面倒なときは、ダウンストリームキャストをしましょう。

上流側に立って下流側にルアーを投げるので、当然魚から自分の姿が丸見えになります。

なので警戒心の強い大物のヤマメやイワナなどは逃げてしまうことが多いです。

ですのでダウンストリームで釣るのであれば距離をとってから釣りましょう。

渓流ルアー釣りでのルアーの動かし方

ルアーとヤマメ

もし渓流ルアー釣りでスプーンやミノーのようなルアーを使う場合は、すこし動きを入れたほうが効果的です。

ロッドの先っぽを”チョンチョン”と細かく動かしてあげることで、スプーンの場合は乱反射を起こし魚にアピール、ミノーの場合は動きに躍動感が生まれリアクションバイトを誘うことができます。

また、リールを巻くスピードをゆっくりにするだけでも、活性の低い魚に効果があるので試してみてください。

スピナーは、一定速度で引いているだけで効果があるのでアクションは特には必要ありません。

ルアーを使ってヤマメ・イワナのいるレンジを狙う

渓流釣りでは浅いポイントや深いポイントなど、同じ川でもタイプの違うポイントがあります。

浅いポイントでは、ルアーが着水したのを見てすぐリールを回せば普通にヤマメ・イワナが釣れます。

ですが、深いポイントは魚が深いところに潜んでいるので、同じような釣り方をしても釣れません。

ですので、深いポイントがあった場合はルアーが着水して3秒ほど待ってリールを回し始めたり、それで釣れない場合はもう少し長い時間沈めてみたりするなどレンジを意識しながら釣ってみましょう。

ボトム(底)の方を狙うときは、根掛かりが多発しますので高価なルアーは避けておきましょう。

まとめ

今回は渓流ルアー釣りの仕掛けや道具、釣り方を説明してみましたが、ヤマメ・イワナさえいればルアーで結構かんたんに釣れるので是非チャレンジしてみてください。

渓流ルアー釣りは、餌釣りよりもスタイリッシュに釣りができるので若い人にもおススメです。

渓流ルアー釣りを覚えて、アウトドアや釣りの楽しみをさらに広げましょう!!

渓流エサ釣りのやり方と必要な道具はこちらから♪
【渓流釣り入門】餌釣りでヤマメを釣るときの仕掛けや道具、釣り方を解説!

餌釣りとルアー釣りのどちらが釣れるのか?はここからどうぞ♪
【渓流釣りでエサ釣りとルアー釣りどっちが簡単にヤマメを釣ることができるのか考えてみた。】

渓流釣り初心者の方はこちらの記事もどうぞ♪
【渓流釣り入門】ヤマメ・イワナ釣り初心者におすすめの記事をまとめてみた!

スポンサーリンク
h2手前レクタングル大
h2手前レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする