渓流ミノーおすすめ15選!渓流釣りの人気ミノーをまとめてご紹介!

最近渓流釣りで人気のある渓流ミノーイング。

ミノーは渓流ルアーのなかでも扱いが難しいですが、うまく使うとどのルアーよりも釣れるというゲーム性の高いルアーです。

そんなミノーですが、人気があるだけにいろいろなメーカーが販売しており選ぶのが大変です。

そこで今回は、トラウトミノーのおすすめをまとめて紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク
h2手前レクタングル大

ミノーの種類を説明

ショートビルミノーとは

渓流ミノー

ショートビルミノーとは、リップが短いタイプのミノーのことです。

リップが短いため、深くは潜りませんが、小刻みな動きをさせることができます。

表層付近(シャロー)を狙うときや、水深が浅めのポイントで使います。

ロングビルミノーとは

ロングビルミノーとは、リップが長いタイプのミノーのことです。

リップが長いので深くまで潜らせることができ、底付近にいる魚を誘うことができます。

リップが長いぶん、小刻みな動きは少し苦手なミノーです。

リップレスミノーとは

リップレスミノー

リップレスミノーとは、リップがついていないタイプのミノーです。

リップがついていないので、潜ることが少なく動きもフラフラとした感じです。

表層付近(シャロー)を泳いでいるヤマメ・イワナに効果があります。

 ミノーのタイプによって浮力が変わる

シンキングミノーとは

シンキングミノーとは、浮力が小さくゆっくり沈むタイプのミノーです。

サイズはだいたい5cmくらいで3g~4g程度のものが多いです。

沈むスピードがゆっくりなので、水深の浅いポイントなどで使われることが多いです。

また、シンキングタイプより1gほど重いヘビーシンキングミノーというものがありますが、こちらは流れが急なポイントや水深のある淵で釣るときに使われます。

流れの上流からルアーを投げるダウンストリームキャストをする際も、重みのあるヘビーシンキングミノーは浮き上がりにくく重宝されます。

フローティングミノーとは

フローティングミノー

フローティングミノーとは、浮力が大きく水面に浮きあがるタイプのミノーです。

春や秋などの活性が高いヤマメを水面付近(トップ)で狙ったり、水中に障害物があるときなどに使用します。

浮力が大きいのでルアーをアクションさせたときの動きにキレがあり、魚に見切られることも少ないです。

サスペンドミノーとは

サスペンドミノーとは、シンキングミノーとフローティングミノーの中間のようなタイプのミノーです。

リールを巻かない状態では、その位置から沈むこともなく、水面に浮くこともありません。

一定の深さ(レンジ)でミノーを泳がせたいときに使われますが、あまり使用頻度は高くありません。

ジョイントミノー(ジョインテッドミノー)

ジョイントミノー(ジョインテッドミノー)

ジョイントミノーは、ルアーが真ん中あたりで分かれているタイプのミノーです。

アクションをつけなくてもタダ巻きで勝手に動いてくれるので、とてもラクに釣れます。

また、アピール力が高く魚が釣れやすいというのもこのタイプのミノーの良さのひとつです。

渓流釣りにおすすめのフローティングミノー

コスパの良いスピアヘッドリュウキ50F

渓流ミノー定番のスピアヘッドリュウキのフローティングタイプです。

サイズは5cm、3.5gと渓流で使うのにピッタリのサイズです。

カラーバリエーションも豊富でお値段も1000円前後ですのでコスパの良いフローティングミノーになってます。

スミスのフローティングミノーのFセレクト

渓流ルアー定番のスミス社が作ったフローティングミノーのFセレクト。

フローティングのなかでもゆっくり浮上するスローフローティングタイプですので、一度流れの中に入れてしまえばそのまま流れに乗せて泳がせることができます。

お値段は少し高めですがひとつ持っておくと表層での釣りの幅が広がるのでおすすめです。

歴史のあるフローティングミノー、ラパラF5

昔から使われる歴史のあるフローティングミノーのラパラF5。

サイズは5cm・3gですので渓流や源流での釣りにピッタリです。

バルサで作られたミノーなので浮力が強く、プリプリ泳ぐのでおすすめのフローティングミノーです。

渓流釣りにおすすめのシンキングミノー

渓流釣りで人気のシンキングミノーのスピアヘッドリュウキ

渓流ミノーイングの定番ルアー、スピアヘッドリュウキのシンキングタイプです。

タイプやカラーが豊富で、値段もそこまで高くないので初心者にも買いやすいミノーです。

初めはヤマメカラーやアカキン、チャートカラーなどの定番カラーを買っておくのがおすすめです。

個人的にはスピアヘッドリュウキはコスパが良くて好きです(笑)。

スピアヘッドリュウキのレビューとインプレはこちらから♪
【スピアヘッドリュウキのレビューとインプレ】コスパの良いミノーで渓流のヤマメを釣る

渓流ミノーの中でもコスパの良いドクターミノー

ドクターミノーは価格が800円前後と他のミノーと比べても安く、初心者の方にもにもおすすめのミノーです。

値段が安くても普通にヤマメやイワナが釣れるので、初めのうちはこのミノーを使って練習するのが一番いいかもしれません。

特にジョインテッドタイプはタダ巻きするだけでクネクネ動いてくれるので、とてもラクに釣ることができます。

僕も一番初めはこの安いドクターミノーを買って練習してましたが、ロストした時のショックが少なくて良かったですw

ドクターミノーのレビュー&インプレはこちらから♪
【ドクターミノーのレビュー&インプレッション】コスパの良いミノーで渓流を制す!

歴史のあるミノー・ラパラのカウントダウン

created by Rinker
ラパラ(Rapala)
¥1,113 (2019/12/06 06:25:58時点 Amazon調べ-詳細)

渓流ルアーで古くから使われてきたシンキングミノーのラパラ・カウントダウン。

シンキングミノーではありますが、サイズと比べて重量があるのでほとんどヘビーシンキングミノーに近いです。

サイズが2.5センチから11センチまであるので、ポイントによって使い分けができるのがこのミノーの良さです。

ただ、買ったときについているフックだとバラシが多発しますので、ちゃんとしたフックに交換してから使いましょうw

TIEMCO(ティムコ)のイメル50S

created by Rinker
ティムコ(TIEMCO)
¥1,485 (2019/12/06 06:25:58時点 Amazon調べ-詳細)

ティムコのシンキングミノーであるイメル50S。

このミノーは2019年に発売された新しいミノーで、最近よく雑誌にのっている話題のミノーです。

背中が出っ張ったような珍しい形をしており、その見た目だけでつい買ってみたくなってしまいます。

ウェイトが4gほどあるので渓流では扱いやすく、まさしくオールラウンドのシンキングミノーだと言えます。

アムズデザイン(ima)のイッセン

created by Rinker
アムズデザイン(ima)
¥1,403 (2019/12/06 06:25:58時点 Amazon調べ-詳細)

アムズデザインのシンキングミノーのイッセン。

このミノーは普通のミノーと比べると平べったく、魚へのアピール力が高いのが特徴です。

見た目もなんとなく可愛いので、ついつい買ってしまいたくなります。

渓流釣りにおすすめのヘビーシンキングミノー

渓流釣りの定番のヘビーシンキングミノー

ヘビーシンキングミノーのおすすめは、定番中の定番といってもいいDコンタクトのミノーです。

このミノーは、渓流ミノーイングをする人なら必ず一度は使ったことがあるくらい、よく使われるミノーです。

ミノーに重さがあるので、流れの速いポイントやダウンストリームキャストでも流れの中から飛び出すことがなく、しっかり泳がせることができます。

重さがあって遠投が利くので広いポイントにも対応することができます。

Dコンタクトのレビューとインプレッションはこちら♪
【Dコンタクトのレビューとインプレ】渓流の王道ルアーでミノーイング

ダイワのヘビーシンキング、シルバークリークミノー

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥970 (2019/12/06 06:25:59時点 Amazon調べ-詳細)

ダイワのヘビーウェイトシンキングミノーであるシルバークリークミノー。

ドクターミノーと比べると、同じサイズで重さが1gほど重いので深いポイントにマッチしたミノーです。

ドクターミノーは浅いポイントで、シルバークリークミノーを深いポイントで使い分けると多くのポイントに対応できそうです。

イトウクラフトのヘビーシンキング・蝦夷

created by Rinker
イトウクラフト(ITO CRAFT)
¥1,583 (2019/12/06 06:25:59時点 Amazon調べ-詳細)

イトウクラフトのヘビーシンキングミノーの蝦夷1stTYPEⅡ。

このミノーは渓流のルアーではかなり人気があり、一時期は品薄でなかなか買えないということもありました。

渓流ルアーがうまい人が使っていることが多く、これを使っているだけでも一目置かれること間違いなしです。

ヘビーシンキングなので扱いやすいのもこのミノーの良さになります。

深いポイントを攻めるためのDダイレクト

こちらはスミス社が作るヘビーシンキングディープミノーのDダイレクト。

リップの部分がとても長く、潜水スピードが速いのがこのミノーの特徴です。

普通のシンキングミノーでは攻めきれなかった、白泡の真下に隠れる魚を狙うときにこのミノーを使います。

狭くて深みのあるポイントを狙うときにこのルアーがあるかないかで釣果が大きく異なってきますので、ひとつ持っておくことをおすすめします。

渓流でおすすめの小型ミノー

created by Rinker
スミス(SMITH)
¥1,253 (2019/12/06 06:26:00時点 Amazon調べ-詳細)

次は渓流ミノーイングをするときにおすすめの小型ミノーのDコンパクト。

最近の渓流ではスピアヘッドリュウキ38やこのDコンパクトなど、小型ミノーが人気を呈しています。

ミノーのサイズが小さいので、小さなポイントでもしっかりミノーを泳がせることができアピール力が高いのが特徴です。

また、活性が低い時にミノーのサイズをダウンさせることで、魚に口を使わせることができ反応のなかった魚も釣ることができます♪

Dコンパクトのインプレ記事はこちらから↓
【Dコンパクトのインプレ】スミスの小型ミノーを使って渓流ミノーイング!

渓流ジョイントミノーのパームス・ベアトリス

created by Rinker
アングラーズリパブリック
¥983 (2019/12/05 12:36:37時点 Amazon調べ-詳細)

渓流釣りにおすすめのジョイントミノーであるパームス(元アングラーズリパブリック)のベアトリス。

このミノーはジョイントミノーなのでまるで生き物のように泳ぎ、魚も思わずバイトしてしまうアピール力を持っています。

ジョイントミノーの良さは使ってみないと分からないと思うので、まだ持っていない方はどうぞ♪

おすすめのミノーのケース

created by Rinker
メイホウ(MEIHO)
¥553 (2019/12/06 06:26:00時点 Amazon調べ-詳細)

最後に渓流ミノーを入れておくおすすめのケースを紹介します。

このメイホウのケースはサイズが渓流ミノーを仕舞うのにピッタリなのに加え、リバーシブルなのでたくさんのミノーを入れておくことができます。

ミノーの収納ケース

フックが絡まることもないので、取り出しも非常にスムーズにすることができ快適にミノーイングをすることができます。

これがあるだけでミノーの収納には困らないので、持ってない方はひとつは持っておきましょう♪

まとめ

ミノーとヤマメ

今回は渓流釣りで使うミノーの説明とおすすめのミノーを紹介しましたが、ミノーは種類がたくさんあって、それぞれ特徴も違うので、どれを買うか決めるのが大変です。

ですので、最初は万能型のDコンタクトのヘビーシンキングミノーを予備用も含めて2つほど持っておきましょう。

もし渓流釣りをしていて、ヘビーシンキングミノーだけでは不自由に感じたら、フローティングミノーなども買ってみましょう♪

ミノーをつかった渓流釣りは、ゲーム性が高く面白いのでぜひ挑戦してみてください!

渓流ミノーイングの道具(タックル)の選び方はこちらから☆
【渓流ミノーイングでおすすめの道具(タックル)と釣り方を初心者にも分かりやすいように解説!】

渓流釣りにおススメのルアーはこちらから☆
【渓流釣りにおすすめのルアー】これさえあれば初心者でもヤマメ・イワナが簡単に釣れる!

渓流ルアー釣りの釣り方はこちらから♪
【渓流釣り入門】ルアーでヤマメを釣るときの仕掛けや道具・釣り方を初心者向けに解説!

渓流釣り初心者の方はこちらの記事もどうぞ♪
【渓流釣り入門】ヤマメ・イワナ釣り初心者におすすめの記事をまとめてみた!

スポンサーリンク
h2手前レクタングル大
h2手前レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする