大分でヤマメ渓流釣り!梅野川と川原川で放流ヤマメを狙ってルアーフィッシング!

毎年この禁漁期間はやることがなくて暇ですね〜。

なので暇つぶしに去年の釣りの写真など見ていたらブログに書いてない釣行記を見つけたので久しぶりに更新してみたいと思います。

今回書くのはこの辺では珍しいキャッチアンドリリースである梅野川での釣りの記録です。

良いサイズの放流ヤマメが釣れているみたいなので試しに行ってみることにしました!

スポンサーリンク
h2手前レクタングル大

間地橋あたりから入渓

間地橋

まずは梅野川の目印である間地橋から入渓してみることにしました。

上から見た感じ川幅も水深も程よく、とてもルアーで釣りやすそうな感じです。

下に降りて最初のポイントを覗き込むとヤマメが泳いでいるのが見えます。

なのでさっそくルアーを投げてみますが、まったく反応しません。

これはかなりスレてそうです(笑)。

魚はスレてますが、川自体はすごつ釣りやすくどんどん進んでいけます。

良さそうなポイントはたくさんあるのでどんどんルアーを投げていきますが、なかなか釣れません。

とても平坦で釣りやすく釣っていてとても気持ちがいいです。

しかし魚が釣れないと話にならないので釣れるところまでどんどん登っていきます。

さきほどのところからしばらく釣りあがりましたが釣れなかったのでだいぶ上流まで移動してきました。

釣り人がいたので話をすると、先週まではめちゃくちゃ釣れてたのに今日はさっぱりとのこと。

どうやら来るタイミングが悪かったようですw

ここらへんも良いポイントはたくさんあるのですが、魚の気配が全くしませんでした。

ですので、さらに上流まで移動!!

次は梅野川の中間育成所あたりに来ました。

橋の上から川を覗き込むと大きなヤマメがのびのびと泳いでいます。

しかし相変わらずスレていたので上流に進んでいきます。

ちょっと進んでいくと目の前に大きな淵が現れました。

上から川の中を見てみるとヤマメが数匹泳いでいます。

なのでルアーを落としてみるとヤマメがジャレついてきました。

その流れ込みに移動して上からルアーを投げてみるとかなり大きなヤマメが2、3匹ルアーを追いかけてきます。

ルアーに反応してバイトしてくるのですが、なかなかフックにかからず何回もバラしてしまいました。

結局ヤマメは反応しなくなりポイントをつぶしてしまいました。

その上流に移動すると良いポイントがずっと続いています。

どうにかここらへんで1匹釣りたいと思いながらルアーをキャストしていると、ようやくヒット!!

ルアー2個分くらいのちいさなヤマメが釣れました。

これだけ大物が泳いでいる川でも結局釣れるのはこのサイズw

その先にまた良いポイントがあったのでルアーを投げるとヤマメの群れの中に大きなヤマメがいました。

どうにかあれを釣りたいとチビヤマメは無視してデカヤマメの付近にルアーをキャストしていきます。

するとデカヤマメがルアーに反応してヒット!!

梅野川で釣れたヤマメ

スミス・バックアンドフォース

ようやくまともなサイズのヤマメが釣れました♪

さきほどから小さいヤマメばかり釣れていたので、このヤマメが釣れた瞬間に尺行ったか!?と思ったのですがサイズを測ってみると23センチしかありませんでした(笑)。

しばらく釣り進んでいくと相変わらず良いポイントが続いていてヤマメも程よく釣れてくれます。

そんななか、また良いポイントがありヤマメがヒットしました。

梅野川で釣れたアマゴ

ヤマメが釣れたので写真をとっていると、体に赤い点々があることに気が付きました。

体に赤い点々があるということは、これはヤマメではなくアマゴです!

事前に調べていたのでアマゴが釣れることは知っていましたが、これが人生初アマゴなのでめっちゃ嬉しかったです。

その後もどんどん釣り進んでいきヤマメやアマゴを釣っていきます。

良いポイントには2,3匹は魚がついていて高確率で釣れてくれます。

梅野川で釣れたヤマメ

ルハージェンセン・ハスルアー

どんなルアーを使っても釣れてくれるので使ったことないルアーをどんどん試していきます。

この日はハスルアーのようなへの字スプーンが大活躍でした♪

だいぶ上流までくると命がけで移動しないといけないところがちょくちょくあります。

途中で足を滑らして崖から落ちそうになりましたが、木の枝に助けられました(笑)。

険しいところを抜けると平たんな区間にたどり着きました。

とても釣りやすく、ルアーを投げると大量のヤマメが追いかけてきます。

まさに聖地といった感じで釣っていてとても面白いです!!

さらに上流まで進んでくると川幅がだいぶ狭くなってきて源流のような感じになってきました。

そして目の前に堤防が現れました。

一投目にルアーを投げると底の方からすごい勢いでヤマメがアタックしてきましたがフッキングせず。

ここではチビヤマメが釣れただけで終わりました。

堤防をこえるととても平坦で小川のような区間が続いています。

さすがにこの辺にはヤマメはいないかなと思うと意外とルアーを追ってくるヤマメがいます。

ルアーで釣れた梅野川のヤマメ

ダイワ・クルセイダー2.5

サイズは小さいものが多いですが、ヒレの状態の良い綺麗なヤマメが釣れます。

綺麗なヤマメが釣れると疲れが一気に吹っ飛びます♪

次は源流のような区間にたどり着きました。

ルアーを投げながら進んでいると、チビヤマメが続いている中で急に大物ヤマメが飛び出してきました。

普通に気を抜いていたのでビックリして見事にバラしました。

釣れるヤマメのサイズはほとんど15センチほどですが、数はかなり多いです。

スミス・ARスピナー

そんな中でもお腹まで黒点がびっしりのヤマメが釣れました。

個体によって模様が違ってたりするので見ていて面白いです♪

ということで梅野川での釣りはここで切り上げることにしました。

キャッチアンドリリース区間はスレていてぜんぜん釣れませんでしたが、それ以外のところはヤマメの数も多くかなり楽しめました(笑)。

川原川へ移動

ということで次は同じ津江漁協に管理されている川原川にやってきました♪

この川は道路の横をずっと流れていて川幅も結構広い川です。

少し上流まで進んで入渓してみると、とても良いポイントにでました。

川の水がキレイすぎて川のなかからスケスケです(笑)。

これではヤマメにだいぶ警戒されていそうです。

ヤマメはいるにはいるのですが、気温が上がりすぎているせいかなかなかルアーに食いついてきません。

なので釣れるまで釣りあがっていきます。

とても平坦な川なので移動はスイスイできるのですが、肝心のヤマメが釣れなかったので今日は諦めました(笑)。

川原川もヤマメがいるにはいるのですが、梅野川と比べると数がかなり少なかったので次来るときはまた梅野川を釣ろうとおもいました♪

まとめ&使用タックル

間地橋

今日は津江漁協の梅野川と川原川で釣りをしましたが、放流しているだけあって魚の数が多くかなり楽しめました♪

川自体もかなり釣りやすいところが多かったので、渓流初心者の方でも楽しめる場所だなと思いました。

遊漁券は鯛大金山のところで買うことができるので、釣る前に1000円払ってから釣りましょう♪

<使用タックル>

ロッド:ワイズストリーム50TUL
リール:19ヴァンキッシュ 1000SSSPG
ルアー:バックアンドフォース ハスルアー クルセイダー2.5
ライン:ラピノバX0.6号
リーダー:GT-R カモフラフロロ4号
※リンクをクリックするとレビュー&インプレッション記事に移動します。

どうも、ゴールデンウィークからなかなか釣果の上がらない釣れないルアーマンです! 今年のゴールデンウィークはコロナの影響か渓流釣...

渓流ルアー釣りをこれから始めたいという方のなかで、どんなルアーを使えばヤマメ・イワナが釣れるか分からないという方は多いのではないでし...
渓流ルアーフィッシングをするうえで欠かすことのできないルアーロッド。 渓流はターゲットとなる魚のサイズが小さいので、ロッドの選...
渓流ルアーフィッシングをする上で必ず必要になるリール。 リールはそれぞれ大きさが違ったり、特徴が違ったりするので初心者の方が選...
自然に囲まれた中で魚釣りを楽しめる渓流ルアーフィッシング。 渓流釣りは何となく難しそうなイメージがありますが、やってみると意外...
スポンサーリンク
h2手前レクタングル大
h2手前レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする