禁漁間際の菊池川でヤマメを求めて渓流ルアー釣り!岩野川にも寄ってみた

今年の渓流釣りも残りわずかとなりましたが、まだ秋らしいヤマメを釣ってないのでなんとか釣るべく連休中に渓流釣りに行ってきました。

今回は前から気になっていた菊池川での釣行です。

初めての場所なのでどのくらい釣れるかは分かりませんが、本流で秋らしいヤマメを狙って釣ってみます!

スポンサーリンク
h2手前レクタングル大

菊池川本流で渓流釣り

まずは菊池川本流から釣ってみることに。

ヤマメを釣るなら立門あたりがおすすめと書いてあったので、近くの広場みたいなところから釣り上がっていきます。

菊池川は水が綺麗だとは聞いていましたが、実際に見てみると本当に水が綺麗です(笑)。

見ているだけでも心が洗われるようですが、透明度が高すぎて釣りには少し不利かもw

なので今日はなるべく魚に気づかれないよう、ポイントから少し離れてルアーをキャストしてみることにしました。

広場から入って最初のポイントでいきなりヤマメが出てきたので少し期待しましたが、しばらく釣り上がっても2匹目がなかなか出てきません。

良いポイントは結構あるのでどこかで釣れるかと思いながら釣り進むものの、チェイスもほとんどないので魚影は薄そうです。

ヤマメがなかなか出てこないのでルアーをブンブン振り回しながらどんどん釣り上がっていくと、ようやくヤマメのチェイスあり。

なんとしてもここで一匹釣っておきたいので神に祈りながらルアーをキャストするとヤマメが飛びついてきてヒット!

菊池川で釣れたヤマメ

どうにか菊池川のヤマメを絞り出すことができました(笑)。

禁漁間際のこのシーズンはヤマメさえいれば結構簡単に釣れるイメージがありましたが、魚影が薄いとなかなか釣れませんねw

ヤマメが釣れた後上流まで登ってみましたが、どうしても渡れない淵があったのでそこで終了。

菊池渓谷にもやってみようと思いましたが、あまりの人の多さに今回は断念しました。

しかし、少しだけ渓流をのぞいてみると、びっくりするくらい川が青くて驚きました(笑)

岩野川でも釣ってみた

菊池川本流で思ったほどヤマメが釣れなかったので、帰り際に別の支流によってみることにしました。

菊池川支流の岩野川はヤマメの放流量が多いみたいなので、1匹くらい釣れるかなと期待して釣ってみます。

上に田んぼが多いせいか水質はあまりよくありませんが、なんとなくヤマメは釣れそうな雰囲気です。

しかし、流れの緩いポイントをのぞくとカワムツが大量にいてヤマメはいそうにありません。

ルアーを投げてもカワムツが追いかけてくるだけだったので上流に移動!

上流までやってくると水質もだいぶ良くなりヤマメの雰囲気もだいぶ上がりました。

入渓して最初のポイントがいきなり良いポイントだったのでルアーを投げてみると、着水と同時に魚がかかり慌てて合わせましたが見事にバラしましたw

引きも結構良かったのでヤマメの可能性は高そうですが、何より少ないチャンスを逃してしまったのが痛い(笑)。

その後も上流まで進んでみましたが、相変わらずカワムツが大量に泳いでいてヤマメは釣れませんでした。

菊池川は結構難易度が高いみたいだったので、また来シーズンリベンジに来たいと思います!

まとめ

今回初めて菊池川で渓流釣りをしてみましたが、なんとかヤマメを一匹釣ることができたので良かったです(笑)

ニジマスも釣れると聞いてましたが今回は釣れなかったので、またリベンジに来た時に狙ってみたいと思います。

菊池川は距離もそこまで遠くなく遊漁券も500円と安いので、定期的に通ってみようと思いました!

<使用タックル>
ロッド:カワセミラプソディ
リール:19ヴァンキッシュ
ルアー:スミス・Dインサイト
ライン:ラピノバX0.6号
※リンクをクリックするとレビュー&インプレッション記事に移動します。

渓流ルアー釣りをこれから始めたいという方のなかで、どんなルアーを使えばヤマメ・イワナが釣れるか分からないという方は多いのではないでし...
九州の中でも渓流釣り場として人気のある熊本。 ヤマメがたくさん釣れて釣り場も豊富なことから、九州内の渓流釣り師がヤマメを求めて...
自然に囲まれた中で魚釣りを楽しめる渓流ルアーフィッシング。 渓流釣りは何となく難しそうなイメージがありますが、やってみると意外...

スポンサーリンク
h2手前レクタングル大
h2手前レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする