【矢部川でヤマメ釣り】夏のコケだらけの御側川で迷惑なムシ達と一緒に渓流釣り!

みなさん、こんにちは。

夏の渓流には友達がいっぱいの釣れない渓流ルアーマンです!

さて、夏のこの時期になるとアブやハチなど危険なムシがたくさん出てきますよね。

ただ渓流釣り師たるもの、ムシ達とも仲良くしなければなりません。

それができないのであれば、夏のこの時期に釣りはできません(笑)。

ということで今回は、矢部川の支流の御側川(おそばがわ)にヤマメ釣りに行ってみました。

この川は、矢部川の支流の中でも有名な川でいろんな方のブログなどで紹介されています♪

まだこの川ではちゃんと釣ったことがなかったので、釣ってみることにしました(^^♪

スポンサーリンク
h2手前レクタングル大

矢部川支流の御側川で渓流釣り

御側川の渓相

御側川の横を通る道路を進んでいくと、川に降りれるところがあったのでそこから入渓しました。

目の前にあるポイントを覗くと、なにやら大きな魚が泳いでいるのが見えます。

しかし、その魚はヤマメではなく大きなウグイ(イダ)です。

石がゴロゴロしている御側川

ウグイがたくさんいてヤマメが釣れそうにないので、ヤマメが見えるようになるまで進んでいきます。

御側川も石がゴロゴロした河原が続いているので移動はラクです(^^♪

コケの生えた御側川

御側川は夏の時期にはコケがたくさん生えるみたいです。

ルアーを使うとコケが引っかかるので非常に面倒ですw

深みのある好ポイント

どんどん上流に進んでいくと、深みのあるポイントに到着しました。

御側川も星野川と同じで川の水がキレイです♪

ただ、ここでもまだヤマメの姿が見えません。

深みのあるポイント

また深みのあるポイントに到着しました。

ルアーを投げてみると、小さな魚がゆっくりとルアーを追いかけてきます。

その魚をじっと見てみると、パーマークがくっきりとついていました♪

ようやくヤマメが現れました(^^♪

大きな岩がゴロゴロしている御側川

ということでここから上流ではヤマメが期待できます♪

ところどころに深みのあるポイントがあるので、どこかで釣れるでしょう(笑)。

浅瀬で釣れたヤマメ

深みのあるポイントでは特に何の反応もなく、浅瀬が続く区間に着きました。

流れのあるところにルアーを投げて引いていくと、水中でキラッと魚が光ります♪

もう一度同じところにルアーを投げると魚がヒット!!

御側川の小さなヤマメが釣れました☆

気温が高い夏は、ヤマメも流れのある浅瀬に出てきています(^^♪

コケが生えている御側川の浅瀬

しかし、浅瀬を釣るのもラクではありません。

写真を見てわかるように、川底はコケだらけです。

ルアーを投げるたびにコケがついてきて、外すのがとても面倒くさいw

御側川で釣れたヤマメ

そんな中でもヤマメが釣れてくれると報われた気がしますw

浅瀬で釣れた割には、少し大きめです(12センチ)w

浅瀬で魚がヒット

また同じようなポイントでルアーに魚がかかりました。

今日は浅瀬にヤマメが集まっているようです♪

御側川のヤマメ

今日釣れた中で一番大きなヤマメです♪

大きさを測ると16センチほどでしたw

前に釣ったヤマメもそうですが、御側川のヤマメは若干黒っぽい色をしています。

深みのあるポイント

上流に進むと、深みのあるポイントが出てきました♪

今日はこういう良さそうなポイントでヤマメが釣れてないので、そろそろ一本ほしいところです(^^♪

しかし、ここも無反応でしたw

橋の下の深みのあるポイント

橋の下に深みのある良いポイントがありました☆

ルアーを投げると小さなヤマメがついてきていますが、大物は見えません。

仕方がないのでここは諦めて上流に進もうとすると、後ろからブーンと低い音が聞こえてきました。

振り返って見てみると、目の前にアブがいました(^^;)

なんとか振り払おうとしますが、こいつはなかなか逃げません。

そして、やっとどっかに行ったかと思えば再び後ろからムシが飛ぶ音が聞こえてきました。

また先ほどのアブかと思って振り払っていると、今度はアブではなくスズメバチが来てましたw

スズメバチは下手に刺激すると危ないので走って逃げました(笑)。

ムシ達と友達になるなんて、とてもムリですw

岩に囲まれた深みのあるポイント

こういう岩に囲まれた深みのあるポイントは、かなり好きですw

ルアーを投げて引いてみると、岩の下からヤマメが飛び出してきました♪

ただ距離が短いのでルアーには追いつけずヤマメがすぐ戻っていきます(笑)。

流れの緩い深いポイント

小さな堰を登ると、目の前に深いところがありました。

一応ルアーを通してみようとルアーを上のほうに投げて引いていると、大きなヤマメがゆっくりと追いかけてきます。

目の前まで追ってきたのでくっきり姿が見えましたが、サイズは20センチちょっとでした♪

今日はこのサイズのヤマメは見れてなかったので、いると分かっただけでもテンションアップですw

御側川の小さなポイント

次は浅くて広めのポイントを狙ってみます。

ルアーを投げると日陰の方からヤマメが追ってきました♪

もう一度投げると、次は流れの下にある石の方からヤマメが出てきてヒット!

ルアーにかかったヤマメ

本日3匹目のヤマメが釣れました♪

このヤマメも15センチないくらいの小さなヤマメでした(笑)。

御側川は、小さいヤマメでも15センチくらいはあるので良いですw

御側川の小さな滝

小さな滝のような深みのあるポイントに着きました。

ここは前来たときに道路の上から釣ろうとして竿が届かずに諦めたところです(笑)。

大物が釣れないかと期待してルアーを何回か通してみましたが、特に何の反応もありませんでした。

今日はもしかしたら先行者がいたのかもしれませんw

堰の下のポイント

その上には小さな堰がありました。

こういう下にはヤマメがついていないかと釣ってみましたが反応なし。

堰の下は深くなっていることが多いですが、ここは浅かったですw

御側川で釣れたアブラハヤ

堰を登ると、また奥に堰が見えます。

その手前の流れの緩いところで釣ってみると、アブラハヤが釣れました(笑)。

御側川の小さな堰

この堰の下は、かなり深みがあります♪

ルアーを投げて引いていると、15センチほどのヤマメが数匹ノロノロとついてきました♪

なんとか一匹釣りたかったのですが、ここでも釣れずw

今日は大物は釣れそうにありません(笑)。

御側川の源流

その後、御側川のさらに上流で釣ってみることにしました。

源流なのでポイントは小さいですが、ところどころにヤマメがいます。

堤防の下にはかなりの確率でヤマメがついています。

御側川のヤマメ

ルアーを投げると15センチくらいのヤマメが簡単に釣れました。

ルアーにかかったヤマメを追ってきたヤマメは20センチくらいあったのでそっちを釣りたかったですw

最後に滝がありその上には登れなかったのでそこで終了しました。

帰り道はメマトイ達と話しながら、車まで戻りました♪

そいうえば、メマトイはトンボがたくさん飛んでいるところではついてこないみたいなので、休憩はトンボが飛んでいるところですることにしました(^^♪

トンボこそ人間の友達です(笑)。

まとめ&使用タックル

今日は矢部川支流の御側川でヤマメ釣りをしてみましたが、小さかったですがヤマメが釣れたので良かったです♪

良いポイントもあったのですが、そういうところが軒並みダメだったことを考えると先行者がいたのかもしれません(笑)。

源流のかなり上流まで釣ってみましたがヤマメはしっかり釣れたので、御側川はヤマメの数は結構多いかもしれません。

今度来るときはサイズアップを目指したいと思います(^^♪

ということで今回はこれで!

ロッド:リバティクラブ5105TLFS
リール:サハラc2000s
ルアー:ARスピナー ドクターミノー
ライン:サンライン・クインスター4lb
※リンクをクリックするとレビュー&インプレッション記事に移動します。

星野川でのヤマメ釣りの記録はこちらから↓
【八女で渓流釣り】ヤマメだらけの星野川で夏のなかなか釣れないヤマメ達とファイト!

虫除けにおすすめのハッカスプレーの作り方はこちらから♪
【渓流の虫除けにハッカ油を使ったハッカスプレーがおすすめなので紹介!】

渓流釣りにおすすめのルアーはこちら♪
【渓流釣りにおすすめのルアー】これさえあれば初心者でもヤマメ・イワナが簡単に釣れる!

福岡県でヤマメが釣れるポイントはこちら♪
【福岡でヤマメが釣れる渓流釣りのポイントをマップ付きで紹介してみた!】

渓流釣りのおススメ記事をまとめていますので初心者の方は必見です♪
【渓流釣り入門】ヤマメ・イワナ釣り初心者におすすめの記事をまとめてみた!

渓流ルアー釣りのやり方と必要な道具はこちらから♪
【渓流釣り入門】ルアーでヤマメを釣るときの仕掛けや道具・釣り方を初心者向けに解説! 

スポンサーリンク
h2手前レクタングル大
h2手前レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする