20レブロス LT2000S-XHのインプレ!実際に使ってみた評価など

ダイワから出ている人気入門リールの20レブロス。

2020年にモデルチェンジしたエントリーモデルのリールですが、性能が大幅にアップしコスパの良さにさらに磨きがかかりました。

軽くて丈夫なLT化されたことにより、渓流釣りの入門リールとしても最適な1台となってます。

そんなダイワの人気コスパリールの20レブロスのインプレを今回は紹介していきます!

スポンサーリンク
h2手前レクタングル大

20レブロス LT2000Sの重さ

20レブロス LT2000S

20レブロスLT2000Sの重さは、200gとなってます。

前モデルの15レブロスは2000番で235gあったので、今回のモデルチェンジで35gほど軽くなったことになります。

流石に30g以上軽くなると使用感も大きく変化し、特に渓流釣りでの使用感は大幅アップしました。

LT化されたことにより自重が軽くなっただけでなく丈夫さもアップされたので、渓流での過酷な使用にも対応してます。

20レブロス LT2000Sの糸巻き量

20レブロス LT2000S

レブロスLT2000Sの糸巻き量は、渓流釣りでよく使われるナイロンの1号(4lb)で100m、PEラインだと0.6号で150m巻くことができます。

リールと一緒にラインを買う際は、上の長さを目安に購入してみてください。

ナイロンかPEラインのどちらが良いかについては、PEの方が耐久性があり長持ちするので、個人的にはPEラインの方がおすすめです。

これから渓流釣りを始める方の中にはラインの選び方が分からないという方は多いのではないでしょうか。 僕も渓流ルアーを始めたことは...

20レブロスの見た目

レブロスは金と黒のカラーの組み合わせで作られているため、見た目が派手でとてもカッコいいです。

このデザインのリールが5000円代で買えるのは、さすがダイワだなと思います。

見た目がしっかりしているので安っぽさを感じさせず、入門リールとして最適だと思います。

写真を撮った時も綺麗に写るので、魚を釣ってタックルと一緒に写真を撮るのにも向いています。

ラインも明るいカラーを使えばより一層見た目が良くなるので、ラインにもこだわってみましょう。

20レブロスの使い心地

20レブロスのタックル

20レブロスを約1年ほど使ってきましたが、使い心地はかなり良いです。

まず、自重が前モデルと比べて30g軽くなっているのもあって、快適に使えるようになり、タックルバランスも向上しました。

そのおかげで、キャスト精度もアップし釣果も増えたと思います。

ドラグもスムーズに出てくれるようになったので、バラシも結構減ったと感じます。

巻き心地に関しても、タフデジギアが搭載してあるので滑らかに巻き続けることができ、渓流釣りで使用していてストレスは感じませんでした。

今回はハイギアを選んだので巻き始めは重いかなと思っていましたが、特に重さは感じませんでした。

ライントラブルはたまにあるものの頻発することもなく、ラインを無駄にすることも少なかったです。

唯一使っていて欠点を挙げるとするなら、ハンドルのパーツが早い段階で無くなってしまったことで、それ以降のタックルの写真を撮るのに影響しました(笑)。

20レブロスの評価

約1年間レブロスを渓流釣りで使ってみた評価としては、入門リールとして合格点以上の出来だと思いました。

モデルチェンジして性能が良くなったこともあり使い心地がかなり良く、ほぼストレスフリーで使えました。

リールにこだわりが無ければ、渓流釣りはレブロスだけでも問題ないなと感じるほどでした。

この性能のリールが5000円代で買える訳ですから、これから釣りを始める人は非常に恵まれてるなと思います。

もし、これから渓流釣りを始めたいけどリール選びに迷ってるという方がいれば、レブロスはかなりおすすめです。

20レブロスと合わせたいロッド

コスパの良いレブロスと組み合わせて使いたいロッドが、ダイワのルアーニストです。

このロッドは6000円代で買えるコスパに優れたロッドで、レブロスと合わせて使うのにピッタリです。

ロッドとリールを合わせても1万円を少し超えるくらいなので、これから釣りを始める方にも非常に買いやすくなっています。

もし、渓流釣りでレブロスと合わせるロッドに悩んでいる方は、候補のひとつに入れてみてください。

まとめ

20レブロス LT2000Sで釣れたトラウト

今回はダイワの人気コスパリールの20レブロスLT2000Sのインプレと評価を書いてみましたが、モデルチェンジしてLT化されたことによる恩恵は渓流釣りにはかなり大きかったなと感じました。

実際に使っていて使用感がかなり良くなっており、性能面で言えば入門リールのレベルを超えていると思いました。

もし、これから渓流釣りを始めるという方がいれば、20レブロスを是非検討してみてください!

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥6,439 (2024/03/03 05:01:43時点 Amazon調べ-詳細)

渓流ルアー釣りをこれから始めたいという方のなかで、どんなルアーを使えばヤマメ・イワナが釣れるか分からないという方は多いのではないでし...
渓流ルアーフィッシングを始めるにあたって、避けては通れないリール選び。 リールはそれぞれ大きさが違ったり、特徴が違ったりするの...
渓流ルアーフィッシングを始めるにあたって避けては通れないロッド選び。 渓流はターゲットとなる魚のサイズが小さいぶん非常に繊細で...
自然に囲まれた中で釣りを楽しむことができる渓流ルアーフィッシング。 渓流釣りは何となく難しそうなイメージがありますが、やってみ...
スポンサーリンク
h2手前レクタングル大
h2手前レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする