メテオーラのインプレ!ジャクソンの人気ルアーをご紹介

ジャクソンから出ている人気トラウトミノーのメテオーラ。

人気過ぎて品薄状態が続いており中々買うことができませんでしたが、たまたま寄った釣具屋に売ってあり購入することができました(笑)。

さっそく渓流で使ってきたので、今回はインプレを書いてみたいと思います!

スポンサーリンク
h2手前レクタングル大

メテオーラのスペック

現在のメテオーラのサイズは45・52・63・70・80の5種類です。

渓流用だと45・52の2つがメインで場所次第で63もいけそうです。

70と80は本流用で使うのに向いています。

カラーは各サイズ10種類くらいあり、釣れそうなカラーばかり揃えてあります。

どのカラーを選んでも釣果は手堅いと思いますが、アカキンやキンヤマメは人気がありそうなので優先的に買っておくと良さそうです。

メテオーラは飛距離が出やすい

メテオーラはコンパクトなシルエットで空気抵抗が少なく飛距離が出やすいのが特徴です

軽くキャストしてもスッと飛んで行ってくれるので投げるのがとてもラクで長時間使っていても快適に使えます。

コンパクトなボディでピンポイントのキャストもしやすく小場所でも使いやすいです。

渓流用のルアーはキャストのしやすさも釣果に大きく影響してくるので、その点でメテオーラは使いやすいミノーだと感じます。

メテオーラは釣れる


メテオーラはただ巻きでもブリブリ泳ぐし、アクションをつけても綺麗にヒラを打つのでとても扱いやすいです。

フラッシングでも魚にアピールできて、フォールでも口を使わせることができる総合的に見てかなり優秀なルアーです。

シルエットがコンパクトなので魚の反応も良く、パイロットルアーとして充分な性能があります。

ちゃんとヤマメを放流してあるところであればサイズを問わずつ抜けは余裕で達成できるポテンシャルがあります。

実際に使ってみたところサイズ問わず良い感じにヤマメが連発したので、さすがだなといった感じでした。

活性が低い時にも有効

メテオーラはアクションをつけたときの移動距離が小さいので活性が低い時でも問題なく釣果を期待することができます。

冬や夏など魚の活性が低い時期は移動距離の大きいルアーは魚が喰いきれないことも多いですが、メテオーラのような移動距離が小さいルアーはそのような状況で重宝します。

ボディをゆらゆら揺らしながらのシミーフォールでボトムに張り付いた低活性の魚も狙えるので、メテオーラが魚を引っ張り出す能力はかなり高いなと感じます。

メテオーラはコスパ良し

メテオーラは定価1400円程とトラウトミノーの中では少し安めです。

ルアーのクオリティ的に1500円は普通に超えてるだろうと思っていたので、初めて釣具屋で見たときは値段の安さに少し驚きました。

この値段でこれだけ使いやすくて釣れるルアーは中々無いと思うのでコスパは良いと感じます。

ネットだと少し高くなってしまいますが、このクオリティでこれだけ釣れるのであれば1500円くらいでも全然買いです(^^♪

まとめ

今回はメテオーラのインプレを書いてみましたが、総合的に使いやすいミノーでメーカーの自信の高さにも頷けました。

今回使って釣果も良かったので、今後はパイロットルアーとして使用頻度が高くなりそうな予感です♪

コスパも良いので後は品薄が解消すればロストを恐れることなく安心して使えるなと思いました!!

渓流ルアー釣りをこれから始めたいという方のなかで、どんなルアーを使えばヤマメ・イワナが釣れるか分からないという方は多いのではないでし...
渓流ルアーフィッシングを始めるにあたって避けては通れないロッド選び。 渓流はターゲットとなる魚のサイズが小さいぶん非常に繊細で...
渓流ルアーフィッシングを始めるにあたって、避けては通れないリール選び。 リールはそれぞれ大きさが違ったり、特徴が違ったりするの...
スポンサーリンク
h2手前レクタングル大
h2手前レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする