渓流ルアーロッドのおすすめをご紹介!長さや硬さなど選び方も解説付き

渓流ルアーフィッシングをするうえで欠かすことのできないルアーロッド。

渓流はターゲットとなる魚のサイズが小さいので、ロッドの選び方も海釣りなどとは少し違ってきます。

最近は長さや硬さのレパートリーも増え、自分にあったロッドを探すのも難しくなりました。

そこで今回は、渓流釣りで使うルアーロッドの選び方や、おすすめのものを紹介したいと思います!

スポンサーリンク
h2手前レクタングル大

渓流ルアーロッドの選び方

まずは渓流ルアーロッドの選び方から解説していきます。

渓流ルアーロッドの長さ

ニアキスとヤマメ

渓流釣りで使われるルアーロッドの長さは、4~9フィートのものが使われます。

1フィート約30センチですので、1.2m~3mほどの長さになります。

この中でも一番使われている長さが6フィート(1.8m)でどのような渓流でも扱いやすい長さになります。

ですので初めて渓流ルアーロッドを買うのであれば6フィートを基準に選ぶことをおすすめします。

後で説明するのですがフィールドには渓流以外にも源流や本流などがあり場所によって使うロッドの長さは変わってきます。

渓流ルアーロッドの硬さ

渓流ルアーロッドの硬さは、一般的にUL(ウルトラライト)のものが使われることが多いです。

渓流ではルアーを遠投することはあまりないので硬いロッドは必要なく、魚がルアーにかかった時のフッキング率を上げるための柔らかいロッドが優先して使われます。

ですので、渓流や源流で釣りをするときはULのロッドを基準に選びましょう。

本流で釣りをする場合はルアーを遠くまで飛ばす必要があるので、ML(ミディアムライト)ほどの硬めのロッドを用意しておきましょう。

フィールド別のロッドの選び方

次はフィールド別のロッドの選び方を解説していきます。

本流

本流

本流のような川幅の広いところで釣りをする場合は、対岸までルアーを遠投する必要があるので7フィート~9フィートあたりの長めのロッドが必要になります。

また、竿の硬さもルアーを遠投するためにML(ミディアムライト)ほどの硬いロッドが使われます。

硬いロッドであれば大物のヤマメ(サクラマス)などがかかっても、強引にファイトができるというメリットもあります。

渓流

渓流ではルアーを遠投する必要もあまりないので、使いやすさを優先して長さ6フィート、硬さULのロッドが使われます。

6フィートの長さであればだいたいのポイントに対応可能ですので最初はこれくらいの長さを基準に選びましょう。

源流

源流

川幅が狭く障害物の多い源流では、4フィート~5フィートあたりの短いルアーロッドが好まれて使われます。

また、源流では狭い場所を移動しながら釣らなくてはいけないので、1ピースロッドではなく振出ロッド(テレスコピック)やマルチピースロッド(パックロッド)のような持ち運びのしやすいロッドが使われます。

ルアーの違いによる渓流ロッドの選び方

渓流ルアーフィッシングで使われるルアーは主に、スプーン・スピナー・ミノーなどがあります。

それぞれで向いているロッドの硬さなどが違うので簡単に解説していきます。

スプーン・スピナーにあう渓流ルアーロッド

田手川で釣れたヤマメ

スプーンやスピナーを使うときはアクションをそこまでつけなくていいので、食わせのよさを優先してULのような柔らかいロッドを使います。

最初はロッドが柔らかいのでキャストが難しく感じるかもしれませんが3日あればすぐなれます(笑)。

ミノーにあう渓流ルアーロッド

現在の渓流ルアーフィッシングではミノーイングが主流となっており、ミノーに合わせたロッド選びをする人も多いです。

ミノーはトゥイッチのようなアクションを付けながら使うため、アクションのつけやすいL(ライト)あたりの硬めのロッドが向いています。

ですが慣れてくるとULのような柔らかいロッドでもミノーを扱えるようになるので、最初からULを使うのもありかもしれません。

渓流ルアーにおすすめのロッド

ダイワのコスパの良いおすすめロッド

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥8,437 (2020/08/06 08:55:51時点 Amazon調べ-詳細)

ダイワのコスパ良しのおすすめ渓流ルアーロッドです。

ロッドの長さは6フィートで硬さもULなので渓流ルアーにピッタリのロッドです。

実際にこのロッドを使っていましたがとても使いやすいロッドでかなりコスパが良いと感じました。

これから渓流ルアーを始める方におすすめのロッドとなってます。

ダイワのコスパロッドとして知られるトラウトx。 7000円程度で買えるエリアトラウト用のロッドで初心者の入門ロッドとして昔から...

シマノのコスパの良い渓流ルアーロッド

シマノのコスパの良いおすすめ渓流ルアー用ロッドです。

長さ硬さともに渓流ルアーにピッタリで入門ロッドとしておすすめです。

シマノのリールを使っている方ならこちらのロッドを選ぶのが良さそうです。

メジャークラフト・ファインテール 462UL

メジャークラフトの人気渓流ルアーロッドのファインテール。

長さ硬さともに渓流ルアーにピッタリのロッドとなってます。

買いやすい価格ですので初心者の方にもおすすめです。

ダイワ・リバティークラブ

ダイワのテレスコピックロッドのリバティークラブです。

長さ5ftで硬さはLですので、渓流でスプーンからミノーまで幅広いルアーを使った釣りができます。

テレスコピックですので、移動の多い渓流釣りでは嬉しい持ち運びのしやすいロッドとなってます。

渓流ルアー釣りで使われるロッドは安いものから高価なものまでたくさんありますが、実際のところ最低限の機能があって魚が釣れればいいと考え...

本流ルアーにおすすめのロッド

本流釣りにおすすめのロッド

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥34,320 (2020/08/06 08:55:54時点 Amazon調べ-詳細)

本流で大物のサクラマスやニジマスを狙うときにおすすめの、シマノの本流用ロッドのカーディフです。

ロッドの長さは8ft(約2m40cm)ほどで硬さもML(ミディアムライト)ですので、ルアーを遠投する必要のある本流釣りにぴったりのロッドです。

カーディフは値段は少し高いですが性能が高く、渓流ルアーマンのなかでも人気のロッドですので最初の1本としておすすめです。

本流釣りにおすすめのテレスコピック

ダイワの長さ7ft(約2m10cm)の本流用のテレスコピックロッドです。

ロッドの伸び縮みが簡単にできるので、持ち運びがとてもラクにできます。

ツーリングのついでに本流で大物の魚を釣ってみたいという方におすすめのロッドです。

源流釣りにおすすめのルアーロッド

シマノ・カーディフ37L

シマノの源流ルアー用ロッドのカーディフです。

長さ4ft弱(約1m20cm)ですので、障害物の多い源流ルアーでも扱いやすいロッドです。

硬さはL(ライト)ですので、スプーンやスピナーに加えてミノーも使うことができます。

源流ルアーを入門者におすすめのショートロッドです。

ダイワ・ワイズストリーム45UL

ダイワの源流ルアーロッドのワイズストリーム45UL。

長さは4.5ft(約1m30cm)ほどですので、源流と渓流のどちらにも使えるロッドになっています。

3ピースロッドですので持ち運びがラクにでき、ツーリングやサイクリングのついでに釣りをしたいという方におすすめのロッドです。

移動することが多い渓流釣りで、持ち運びのしやすいテレスコピックロッドはかなり重宝されます。 特に源流で釣りをするときに、テレス...

ジャクソン・カワセミラプソディ3114UL

ジャクソンの源流向けルアーロッドのカワセミラプソディ。

最近流行りのショートロッドで、長さ3フィートちょっとと源流専用のロッドとなってます。

ロッドケースもとてもしっかりしているのでロッドの持ち運びがしやすいのもこのロッドの良いところです。

渓流ルアーロッドの中でも人気のジャクソン・カワセミラプソディ。 カワセミラプソディという名前がかっこよくていつかこのロッドを使...

格安渓流ルアーロッドの鱒レンジャー

渓流釣りで使える格安ルアーロッドの鱒レンジャー。

ロッドの長さは5ft(約1m50cm)でグラスロッドなのでとても柔らかく、渓流釣りで使うのにピッタリです。

魚がかかると手元にブルブルと振動が伝わってきてとてもおもしろいロッドです。

耐久性も高いので小さな子供に使わせるのにピッタリのロッドになってます。

これから渓流ルアー釣りを始める方のなかには、渓流格安ロッド”グレート鱒レンジャー”が気になっている方もいるのではないでしょう...

まとめ

今回は渓流で使うルアーロッドをいくつか紹介しましたが、種類が豊富なので自分の好みに合ったものを選んで使ってみてください♪

しばらく使っているとロッドの硬さや長さの好みがわかってくると思うので、その時は新しいロッドに買い替えましょう。

渓流ルアーフィッシングは他の釣りにない楽しみがあるので、ぜひチャレンジしてみてください!

渓流ルアーフィッシングをする上で必ず必要になるリール。 リールはそれぞれ大きさが違ったり、特徴が違ったりするので初心者の方が選...
渓流ルアー釣りをこれから始めたいという方のなかで、どんなルアーを使えばヤマメ・イワナが釣れるか分からないという方は多いのではないでし...
自然に囲まれた中で魚釣りを楽しめる渓流ルアーフィッシング。 渓流釣りは何となく難しそうなイメージがありますが、やってみると意外...

スポンサーリンク
h2手前レクタングル大
h2手前レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする